夾竹桃日記

アクセスカウンタ

zoom RSS イギリスで「日本漫画大討論会」

<<   作成日時 : 2010/05/09 07:50   >>

トラックバック 0 / コメント 0

4月末からロンドンで開催されていた「映画祭SCI-FI-LONDON」のイベントとして、日本の

漫画についての討論会が開催され、イギリスで活躍している女性漫画家がパネラーとして

参加したとシネマトゥデイが記事にしています
http://www.cinematoday.jp/page/N0024138

短い記事であるのが残念です。どのような討論が交わされたのか、もう少し中身を知りた

いところですが

というわけで元になる情報を探したところ、以下のウェッブサイトが見つかりました
http://londongirlgeekdinners.co.uk/

記事の中にパネラーとして参加した女性漫画家のブログのアドレスもありますが、残念な

がらほとんど更新されておらず、イベントに関する書き込みはありません(それぞれの漫

画家の絵がギャラリーで公開されているので興味深く拝見しましたが)

少女漫画という分野が欧米ではまだまだ未発達で(プロの少女漫画家というのは欧米で

は少ない)、そのために翻訳紹介される日本の少女漫画が十代の女の子や若い女性に

人気です

欧米は先進国として男女平等社会を実現しているかのように日本では報道されますが、

実際はそれほど女性の自由が保障されているわけではありません。暗黙のルールやら

親の意見、社会の目によって女性の行動にさまざまな規制が設けられているのが現実

です

以前にも触れましたが、欧米の女性がコスプレに熱中するのは上記のような目に見えな

い規制の殻を打ち破り、架空のキャラとして自由に(限定的な空間、場所ですが)振る舞

えるからなのでしょう

ゴスロリ風の衣服を着て外出しても日本では何も言われませんが、欧米ではあからさま

に侮蔑の視線を受けると、フランスの女性が語っていました。外を出歩く際にはそれに

ふさわしい装いであるべきだ、という古いモラルが健在だからです

そうした彼女達の目線から見れば、ゴスロリでも何でもありの日本(それは一部の地域

のみですが)はヨーロッパよりはるかに自由な国だと映るのでしょう

服装1つとってもこうした具合ですから、それ以外の生活でもさまざまな制約が課せられ

おり、窮屈な暮らしの中で彼女たちが自由に空想を広げ、楽しめる世界を少女漫画に求

めていると考えられます

漫画の中に精神的な自由を求める風潮については、前にも当ブログで書きました
日本の少女マンガに女性像の未来を見ようとするアメリカ
http://05448081.at.webry.info/201001/article_44.html

一部のマニアックな漫画ファンは「腐女子化」しており、いわゆるヤオイ系の同人誌に夢

中のようです

いつもお世話になっている「日本晴れ!」さんのブログが、ヤオイ系漫画に対する海外の

反応を紹介しています
http://nihon-bare.seesaa.net/article/149146759.html

いわゆる児童ポルノ、変態漫画を推奨するつもりはありませんが、「日本晴れ!」さんの

ブログで拾い集められている海外のコメントからは、「腐女子化」した彼女たちの生々し

い本音が聞こえてきます


sheelagirl
むぅ〜・・・うちのパパは私がレズビアンやBLの趣向があるって知ったら、家族会議の二
の舞よ・・・それから私を追い出すか、私のYOUTUBEアカウントをブロックして、それから
・・・
gangirl19
同じよ。両親はきっと私を殺すわ><(まぁさすがにそれはないけど、ショックは受ける
でしょうね)

narusasu0
私のお母さんは私がヤオイを読んでるのを知ったらきっと私を殺すわ。彼女は私を愛し
ているけど、ヤオイを見ている私を必要とはしてないわ。とにかく、この動画はすごくホッ
トだわ!


彼女達がなぜボーイズラブに夢中になるかについては後日、書きたいと思います

しかし、セクシュアリティの問題は一見自由を謳歌しているような欧米諸国でもいまだに

タブーであり、それが漫画であっても自由に閲覧するなどもってのほか、という道徳観が

存在するのは明らかです

そうした道徳観が彼女達にさまざまな制約を設けており、だからこそそこから抜け出すた

めに漫画の世界へ・・・という流れなのでしょう

やおい系漫画を児童ポルノだ、不道徳だ、規制しろと叫ぶ人たちには、彼女達がなぜそ

れに夢中になり、そこに何を見ているのかは到底理解できないと思います

女性の自立、開放という本当の意味は、男女別姓でもなければ、男性の育児参加でもな

く、彼女達の精神的な自由の確保なのでしょう

(関連記事)
高校漫画大会で優勝の韓国「日本の鼻をへし折った」
http://05448081.at.webry.info/201708/article_16.html
漫画の児童ポルノ禁止を日本に要請、国連報告者
http://05448081.at.webry.info/201510/article_39.html
児童ポルノか芸術か? 映画「ヴィオレッタ」
http://05448081.at.webry.info/201403/article_23.html
日本のロリータ・ファッション文化が世界を侵食
http://05448081.at.webry.info/201305/article_30.html
日本の少女マンガに女性像の未来を見ようとするアメリカ
http://05448081.at.webry.info/201001/article_44.html
「カードキャプターさくら」 日本版と北米版の違い
http://05448081.at.webry.info/200911/article_30.html
コミックマーケットに見る日本の底力
http://05448081.at.webry.info/201008/article_36.html
「同性愛の男がCM出演」と批判する石原都知事
http://05448081.at.webry.info/201102/article_37.html
アメコミ変化 ヒロインはイスラム系女子高生
http://05448081.at.webry.info/201311/article_10.html
韓国魔法少女アニメ「フラワーリングハート」
http://05448081.at.webry.info/201607/article_28.html
講談社編集者 妻殺害容疑で逮捕
http://05448081.at.webry.info/201701/article_11.html

腐女子取扱説明書
コトブキヤ
腐れ女子の会

ユーザレビュー:
腐女子はウザい!ウザ ...
理解彼女が腐女子だっ ...
共感できる部分もある ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

イギリスで「日本漫画大討論会」 夾竹桃日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる