夾竹桃日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」再び マイケル・J・フォックスの今

<<   作成日時 : 2010/10/16 17:41   >>

トラックバック 0 / コメント 0

アメリカのテレビ局が映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の特番用CMとして、マイケル・

J・フォックスを起用した映像を流し、話題になっているそうです


シネマトゥデイの記事によれば49歳のマイケル・J・フォックスが、映画「バック・トゥ・ザ・フ

ューチャー」公開時の宣伝フィルムと同じシチュエーションで演じているとの話です
http://www.cinematoday.jp/page/N0027637

パーキンソン病のため事実上引退していたマイケル・J・フォックスがどこまで回復している

のかは不明ですが

記事には、「一時はパーキンソン病で動くことも困難とされていたマイケルが病気を見事に

克服していることがわかる」とあるものの、これは疑問です

手足が震えるパーキンソン病の症状を表に出さないギリギリの姿を、時間をかけて撮影し

たのがこの数十秒間だったとも言えるからです

ですからこの動画だけで、「完全復活」などと判断するのは尚早でしょう

さて、マイケル・J・フォックスはいまでも人気の高い俳優であり、コメディを演じて嫌味を感

じさせない数少ない役者でしょう

美男、美女がコメディをやるとわざとらしさが鼻につき、笑えなかったりするのですが

ちなみにこの映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の興行収入は以下のとおりです

バック・トゥ・ザ・フューチャー       3億8千万ドル(約381億円)
バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2 3億3千万ドル(約297億円)
バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3 2億4千万ドル(約216億円)

DVDの売り上げを加えるとどれくらになるのでしょうか

3部作で1千億円以上の売り上げになると思われます

繰り返し鑑賞しても飽きさせない見事なつくり、ネタの豊富さはさすがハリウッドと言える

映画です

「PART4」はなぜ作られなかったのか、という話題も当時はありました

しかし、売り上げが明らかに落ちていますから「三部作」で完結させた判断は正しかった

のでしょう

時間旅行物はSFの定番ですが、時代を行き来する話の展開にどうしても矛盾が生じてし

まうため、「三部作」で終わらせてよかったとも言えます


ラッキーマン
ソフトバンククリエイティブ
マイケル・J・フォックス

ユーザレビュー:
サンキュー!スゴい人 ...
英語で読みたい感動の ...
う?ん。翻訳者の技量 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ラッキーマン の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」再び マイケル・J・フォックスの今 夾竹桃日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる