夾竹桃日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 日中韓共同制作アニメ「金玉鳳凰」は空中分解

<<   作成日時 : 2011/12/28 06:36   >>

トラックバック 0 / コメント 0

2004年のニュースで、「中国・日本・韓国の3国が3億円を共同投資するアニ

メーション映画『金玉鳳凰』プロジェクトが正式に調印され、このほど、シナリオ

製作の段階に入った」と報じられたのを記憶されている方はほとんどいないと

思います

マイクロソフトの古いワードで作ったファイルが読み出せなくなっていてたのを、

パソコンを更新(HPのPavilion e9190jpの中古)したのを機会にマイクロソフト

のWord Viewerをダウンロードし、パラパラと読み返しているうちにこの報道を

再発見しましたので、取り上げます


中日韓でアニメ映画を共同制作へ 「金玉鳳凰」
中国・日本・韓国の3国が3億円を共同投資するアニメーション映画「金玉鳳
凰」プロジェクトが正式に調印され、このほど、シナリオ製作の段階に入った。
同映画はアジアの三大アニメ大国それぞれの得意分野を結集する初めての
映画。市場の共有も見込まれる。
ストーリーは中国の蔵族(チベット族)の民話を元に構成する。監督には、か
つてアニメ「名探偵コナン」の劇場版を手掛けた日本人監督を起用。韓国と
中国はそれぞれの得意技術を生かして製作を担当する。中国側による具体
的作業は上海美術電影制作廠が担当する。
現在、3国の製作スタッフがシナリオの作成と修正を行っている。映画は20
06年の年末年始に中日韓で同時上映される予定だ。
「人民網日本語版」2004年8月12日


記事には肝心の制作主体がどこなのか何も触れていません

日本と韓国、中国のアニメーション制作会社が調印したはずなのに名前が

出ないというのは奇妙な話です

もうこの時点で嫌な予感がしたものですが、2006年に作品が公開されたと

の報道もありませんでした

インターネットで検索してもこの人民網のニュースしか見つからず、日本のメ

ディアが報道した様子もありません

結論から言えば、制作されないままプロジェクトは空中分解してしまったので

しょう

「名探偵コナンの劇場版」を手がけた監督と記事にはありますので、劇場版

の7作品で監督・絵コンテを担当したこだま兼嗣を指すのだと思いますが、

果たしてどこまで関わっていたのかわかりません

こだま兼嗣は2003年公開の劇場版「名探偵コナン 迷宮の十字路」の監

督を最後にコナンシリーズから降板し、しばらく活動を休止しています

ですから2004年の時点ではフリーな立場だったわけで、この日中韓合作

アニメのプロジェクトに加わっていたとしても不思議ではありません

さて、これだけではあまりに情報が不足していますので、作品タイトルから幾

つか推測を書き述べます

タイトルの「金玉鳳凰」とは中国チベット族に伝わる民話集であり、その中に

含まれる「斑竹姑娘」を題材にしアニメーション化しようとした企画だったと思

われます

「斑竹姑娘」は竹から生まれた娘が求婚者にさまざまな難題を示し、これを退

けるという物語で、「竹取物語」と同じルーツを持つと考えられています

Wikipediaによれば、研究者の間では「竹取物語」がチベットへ伝播して「斑竹

姑娘」になった説と、原型となる物語があってそれぞれが「竹取物語」や「斑竹

姑娘」になったという説があり、決着はついていないそうです

そんな背景をもった物語を作品化しようと試みたと推測して、作品の舞台が中

世なのか現代なのか、チベットなのか架空の国なのかも不明ですが、おそらく

は脚本段階でまとまらず関係者が投げ出してしまったのでは?

韓国なら最新のCGグラフィックスを使った安っぽい幼児向けアニメに仕立てよ

うとするのでしょうし、日本ならかぐや姫(とは限りませんが)の抱える葛藤を描

くことを中心にした心理劇+アニメーションならではのスケール感を表現しよう

とするのでしょう。中国は極力、チベットの民族色を薄めようとするのかもしれ

ません

互いの思惑が違いすぎるので噛み合わないのは目に見えます

誰が企画し、推進したプロジェクトなのかは分かりませんが、それぞれの国の

アニメーション事情を見れば最初から無理な話だった気がします

(関連記事)
「名探偵コナン」の人気を読み誤る中国メディア
http://05448081.at.webry.info/201306/article_9.html
映画「名探偵コナン 真実の銀弾(シルバーブレット)」予告編公開
http://05448081.at.webry.info/201203/article_19.html
中日アニメ比較で見る国産アニメの発展 北京週報
http://05448081.at.webry.info/201201/article_28.html
韓国アニメ『Tickety Toc』 170カ国で放映
http://05448081.at.webry.info/201201/article_24.html
インドで「巨人の星」をリメイク、放送を目指す講談社
http://05448081.at.webry.info/201201/article_13.html
中国のアニメ産業発展における3大問題
http://05448081.at.webry.info/201201/article_8.html
中国の最新アニメ展 東京で始まる(2011年10月)
http://05448081.at.webry.info/201201/article_2.html
日中合作アニメ「チベット犬物語」 興行は苦戦
http://05448081.at.webry.info/201110/article_16.html
日韓合作アニメ「新暗行御史」(2004年)
http://05448081.at.webry.info/201110/article_36.html
中国のジブリ風アニメ「奇昇家族」 音楽は久石譲
http://05448081.at.webry.info/201110/article_34.html
偽ディズニーアニメ? 「シンデレラ物語」
http://05448081.at.webry.info/201112/article_35.html
ロシアアニメ「スメシャリキ」が中国で放送され人気
http://05448081.at.webry.info/201112/article_30.html
「文化大国」中国にアイドルが生まれない理由?
http://05448081.at.webry.info/201112/article_28.html
北朝鮮アニメの実力と可能性
http://05448081.at.webry.info/201112/article_16.html
男の娘キャラが大活躍 中国のマンガ専門誌(角川書店刊)
http://05448081.at.webry.info/201112/article_23.html
日本アニメの実写ドラマを熱く語る中国人記者
http://05448081.at.webry.info/201112/article_15.html
次世代「アニメ」大国インドが台頭する、との記事 日経BP
http://05448081.at.webry.info/201112/article_9.html
インドの特撮ヒーロー映画がとにかく濃い
http://05448081.at.webry.info/201112/article_52.html
中国のネット規制 BL小説同人小説も摘発
http://05448081.at.webry.info/201405/article_11.html


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

日中韓共同制作アニメ「金玉鳳凰」は空中分解 夾竹桃日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる