夾竹桃日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「物語論で読む村上春樹と宮崎駿」を読んで1

<<   作成日時 : 2013/11/18 09:21   >>

トラックバック 0 / コメント 0

最近読んだ本の感想をブログに書こうと思いつつ、実現できないままです

今夜は時間がありますので、大塚英志著「物語論で読む村上春樹と宮崎駿」(角

川書店)を読んで思ったあれこれを書き綴ろうと思います

この本の中で大塚は、「村上春樹は『スター・ウオーズ』のように語っている」と指

摘し、創作の根幹にある物語の構造がハリウッド映画と同じものであると説明し

ています

こうしたハリウッド映画的物語論は世界各地に存在する神話とも共通しています

言い換えれば現代の小説にしろ映画にしろ、その多くは「主人公が旅立ち、さま

ざまな試練を得て元の世界へ立ち戻る」という普遍的な神話の構造を踏襲し、語

り直されていると解釈できるわけです

まあ、こうした指摘自体は珍しいものではなく、文学を語る上でも、テレビゲーム

を語る上でも必ず付け加えられる説明です

さらに、物語の構造を読み解く行為は、精神分析という技法にも応用されており、

個々人が物語の中に何を託し、何を託し損ねたかを解き明かす過程を介して神

経症の治療につながると考えられています

前置きが長くなりました

ここからは大塚が語る「海辺のカフカ」についての見解を取り上げます

大塚は「海辺のカフカ」を母体回帰の物語とし、カフカ少年が本当に成長したのか

と疑います

小説は2つの次元に大きく分かれ、エディプス神話部分の象徴的な父親殺しはナ

カタさんが引き受け、カフカ少年は母親と見なされる佐伯さんとセックスし、元の世

界へもどろうと決意するところで終わります

大塚は物語の構造があるだけで語られるべき中身が欠如していると指摘し、エデ

ィプス神話の葛藤の先に展開されるであろう物語を描かなかった村上春樹を批判

します

ただ、小説はすべての顛末を語るべきものであるとは限らず、物語の行方を読者

に委ねるのも1つの選択肢です。カフカ少年がこの先どう生きるのか、「紅の豚」

のポルコ・ロッソがどうなったのか、克明に描く必要はありません

中身がない物語である「海辺のカフカ」がなぜ多くの読者を惹きつけたのか、中

身のないアニメである「風の谷のナウシカ」がなぜ多くの視聴者を魅了したのか、

考える必要があります

患者の語る物語の構造を読み解く精神分析においては、語られた物語より語ら

れなかった物語の方をしばしば重要視します。これは空白だらけの物語と言い

換えることもできます

人が語ろうとして語り得ない部分にこそ、大事な秘密が隠されていると考えるの

です

それゆえ人は空白だらけの物語に惹かれ、魅了されるのも頷けます

克明に語られる一分の隙もない物語より、空白だらけの物語の方が人々の好奇

心を刺激し、想像を掻き立てるのですから

(関連記事)
村上春樹論
http://05448081.at.webry.info/200903/article_5.html
村上春樹「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」
http://05448081.at.webry.info/200906/article_62.html
「1973年のピンボール」
http://05448081.at.webry.info/200906/article_149.ht
記事「村上春樹ブームを読む」を読む
http://05448081.at.webry.info/200907/article_44.html
村上春樹「神の子どもたちはみな踊る」
http://05448081.at.webry.info/200910/article_2.html
村上春樹を読み誤る中国人文学者 その1
http://05448081.at.webry.info/201006/article_42.html
村上春樹を読み誤る中国人文学者 その2
http://05448081.at.webry.info/201006/article_45.html
村上春樹はなぜ芥川賞が取れなかったのか?
http://05448081.at.webry.info/201008/article_68.html
村上春樹の新作 予約が45万部突破
http://05448081.at.webry.info/201304/article_5.html
「14歳のエヴァは終っていない」 酒鬼薔薇聖斗のエヴァンゲリオン
http://05448081.at.webry.info/201105/article_61.html
「ナウシカ解読」
http://05448081.at.webry.info/200903/article_4.html
「風立ちぬ」を褒める岡田斗司夫
http://05448081.at.webry.info/201307/article_24.html
「風立ちぬ」を語り倒そうとする岡田斗司夫の怪説
http://05448081.at.webry.info/201307/article_28.html
「宮崎駿こそ日本のジレンマと矛盾」と書く論評
http://05448081.at.webry.info/201308/article_4.html
「風立ちぬ」 宮崎駿の思想を論じる中国メディア
http://05448081.at.webry.info/201308/article_10.html
「日本の伝統と現代を融合させた宮崎駿」と誤解する中国メディア
http://05448081.at.webry.info/201309/article_11.html
中国メディア 「宮ア駿を語る8つのキーワード」
http://05448081.at.webry.info/201403/article_19.html

物語論で読む村上春樹と宮崎駿 ――構造しかない日本 (角川oneテーマ21)
角川書店(角川グループパブリッシング)
大塚 英志

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 物語論で読む村上春樹と宮崎駿  ――構造しかない日本 (角川oneテーマ21) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

「物語論で読む村上春樹と宮崎駿」を読んで1 夾竹桃日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる