夾竹桃日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 自分を捨てた父親を探したら殺人鬼だった 「ゾディアック事件」

<<   作成日時 : 2015/10/06 06:30   >>

トラックバック 0 / コメント 0

アメリカには無差別大量殺人、連続殺人、猟奇殺人といった類の事件が数多くあ

ります。アメリカでなぜそのような凶悪な事件が次々と起こるのかはさておき、ア

メリカの犯罪史上謎の多い事件として有名な「ゾディアック事件」にまつわるエピソ

ードを取り上げます

ニューズウィーク日本版10月13日号に、「自分を捨てた父親を探したら殺人鬼だ

った」と題する記事があります

幼いころ養子に出され、養父母に育てられた男性が自分の出自をたどり、実の父

親がアメリカを震撼させた未解決の連続殺人事件の犯人だとの事実を知る、との

経緯を紹介しています

記事の大元になっているのはゲーリー・L・スチュワート著「殺人鬼ゾディアック―犯

罪史上最悪の猟奇事件、その隠された真実」(亜紀書房)です

著者であるゲーリー・L・スチュワートこそ、自分を捨てた実父が殺人鬼ゾディアック

であると突如、知ることになった人物です


あの日のことを、あの体の中を恐怖が突き抜けていく感覚を、私はまるで昨日のこ
とのように覚えている。(中略)私はリビングルームに行き、椅子に座り、テレビのリ
モコンを取り、チャンネルをどんどん進めてA&Eチャンネルに合わせた。私は犯罪
のドキュメンタリーが好きだが、そのときは迷宮入りしたゾディアック殺人事件の特
番をやっていた。その連続殺人について私は何も知らなかったので、面白そうだと
思った。
人生が変わるとは思わなかった。
それは一瞬のうちに起きた。(308〜309ページより)

テレビに映し出されたゾディアックの似顔絵が、自分に、いや父親であるヴァンにそ
っくりだったのだ。こうして父親が歴史的な殺人犯――それも犯人不明でいまだ未
解決の連続殺人事件の犯人――だったことを知った著者は、さまざまな手段を使っ
て捜査関係者、遠い親戚、あるいは父親の学生時代の友人などを探し、ゾディアッ
クの本質に近づこうとする。

自分を捨てた父親を探したら、殺人鬼だった
http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20151004-00157395-newsweek-nb


まずゾディアック事件がいかなるものか、以下のサイトで事件の概略を紹介していま

すので参照願います


殺人鬼ゾディアック
http://ww5.tiki.ne.jp/~qyoshida/jikenbo/056zodiac.htm


アメリカ西海岸を中心に37件もの殺人をやってのけたと、手紙で告白したゾディアッ

クですが、直接彼による犯行と確認されているのは5件とされています

犯行声明を送りつけるという劇場型犯罪なのですが、1974年以降は手紙が途絶え、

事件も未解決のままになっています。その後、ゾディアックを名乗る人物が事件を起

こしているものの、一連の犯行とは無関係だと判明しています

さて、上記の本でゲーリー・L・スチュワートは実父アール・ヴァン・ベスト・ジュニアこそ

が殺人鬼ゾディアックだと断定しているものの、それは犯人の似顔絵と実父が瓜二つ

だからとの理由です

また、実父の残虐かつ冷酷な性格が殺人鬼ゾディアックそのもの、と決めつけていま

す。しかし、警察はアール・ヴァン・ベスト・ジュニアを真犯人だとは断定しておらず、公

式には未解決事件のままです

上記のニューズウィーク日本語版記事は日本人ライターの手によるもので、わざわざ

今の時期に掲載させた理由が分かりません。ゲーリー・L・スチュワート著「殺人鬼ゾデ

ィアック―犯罪史上最悪の猟奇事件、その隠された真実」は昨年出版されており、書

評としてはタイミングがずれているようにも感じます

想像するに、埼玉県熊谷市で5人を殺害したペルー人、ナカダ・ルデナ・バイロン・ジョ

ナタン容疑者の話から影響を受けたのかな、という気もします。ナカダ容疑者の兄は

ペルーで無差別大量殺人をやらかし、服役している身ですから

さて、ゾディアック事件はさまざまに脚色され、映画「ダーティ・ハリー」やドラマ「クリミ

ナル・マインド」などの連続殺人犯のモデルになっています。猟奇殺人の遺体発見か

ら警察への犯行声明、さらなる犯行の予告といった展開をたどる刑事ドラマは、この

ゾディアック事件が原型になっていると言えるわけです

事件が未解決で、犯人像が曖昧なため脚色しやすいのかもしれません。被害者とそ

の遺族にとってはたまったものではないのですが

(関連記事)
熊谷6人殺害事件を考える5 「精神鑑定は必要ない」
http://05448081.at.webry.info/201511/article_5.html
熊谷6人殺害事件を考える3 「ペルー人」報道は人権侵害か?
http://05448081.at.webry.info/201509/article_41.html
熊谷6人殺害事件を考える2 任意同行も見失う
http://05448081.at.webry.info/201509/article_29.html
熊谷6人殺害事件を考える1 容疑者の兄も大量殺人犯
http://05448081.at.webry.info/201509/article_27.html
米国 160人の女性をレイプして殺害?
http://05448081.at.webry.info/201012/article_47.html
ロサンゼルスの殺人鬼「グリムスリーパー」事件続報
http://05448081.at.webry.info/201012/article_62.html
ロサンゼルスの殺人鬼「グリムスリーパー」に死刑判決
http://05448081.at.webry.info/201608/article_17.html
殺人道化師ジョン・ゲーシーの数奇な人生
http://05448081.at.webry.info/201012/article_63.html
アメリカの連続殺人 捜査・介入が後手回ると
http://05448081.at.webry.info/200911/article_13.html
アメリカで黒人を狙った連続殺人犯逮捕
http://05448081.at.webry.info/201008/article_28.html
「切り裂きジャック」研究者が売春婦殺害で逮捕
http://05448081.at.webry.info/201005/article_64.html
「切り裂きジャック」殺人 売春婦を殺害する理由
http://05448081.at.webry.info/201005/article_66.html
「切り裂きジャック」殺人 似ているようでまったく違う犯行
http://05448081.at.webry.info/201005/article_70.html
英国切り裂きジャック殺人 グリフィス被告のその後
http://05448081.at.webry.info/201006/article_54.html
現代の切り裂きジャック事件に終身刑の判決 英国
http://05448081.at.webry.info/201307/article_4.html
「切り裂きジャック」事件 125年目の真相
http://05448081.at.webry.info/201311/article_30.html
実在した殺人鬼を描く映画「チャイルド44 森に消えた子供たち」
http://05448081.at.webry.info/201507/article_2.html
ロシア政府が米映画「チャイルド44」を批判、上映禁止
http://05448081.at.webry.info/201507/article_12.html
新潟連続強姦殺人事件を考える1 初公判で否認
http://05448081.at.webry.info/201510/article_31.html


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

自分を捨てた父親を探したら殺人鬼だった 「ゾディアック事件」 夾竹桃日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる