夾竹桃日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 横浜病院点滴殺人 内部犯行の可能性

<<   作成日時 : 2016/09/26 16:55   >>

トラックバック 0 / コメント 0

横浜市内の民間病院で入院患者の男性が、点滴に混入された逆性石けん液に

より殺害される事件がありました。この件以外にも高齢の入院患者が3人、相次

いで死亡しており、連続殺人の可能性が浮上しています

以下、東京新聞の記事を引用します


横浜市神奈川区の大口病院で点滴に異物が混入され、入院患者の八巻信雄さ
ん(88)が中毒死した事件で、中毒の原因となった界面活性剤は消毒液に使わ
れる成分だったことが、捜査関係者への取材で分かった。また、点滴袋には目立
った穴や破れが見当たらないことから、神奈川県警は、注射器を使って点滴袋と
チューブをつなぐゴム栓部分から注入された疑いもあるとみて調べている。
県警によると、八巻さんが入院していた四階のナースステーションに、消毒液と注
射針が保管されていた。界面活性剤は洗剤や化粧品など広く用いられているが、
点滴袋に混入されたのは、消毒液に含まれている種類だった。高濃度で血管に入
ると中毒を起こし、死に至ることもあるが、薬局でも購入できる。
県警によると、ゴム栓は、点滴袋と一体となっており、通常は外せないようになっ
ている。また、針で刺してもゴムが収縮して、痕跡は目立たないとみられるという。
八巻さんの点滴袋に明らかな穴や破れはなく、県警は、点滴袋を解析して、詳しい
混入方法を調べる。
二十日午前、担当の看護師が八巻さんの死亡後、点滴袋内にわずかな気泡を見
つけ、異常が分かった。八巻さんは十四日に入院し、寝たきり状態で、投与されて
いた点滴は栄養剤だった。点滴は十七日からステーション内に保管されており、十
九日午後十時ごろに交換されていた。
病院の四階では十八日に点滴を受けていた八十代の男性二人が、二十日には九
十代の女性が死亡。この男女三人は病死と診断されたが、県警は三人についても
司法解剖して詳しい死因を調べている。一方、大口病院は十月一日まで休診する。
◆「不審者チェックに限界」 医療関係者らに戸惑い
大口病院で点滴に異物が混入され患者が死亡した事件を受け、医療関係者らの
間に戸惑いが広がっている。神奈川県警は何者かによる意図的な混入とみている
が、医療機関は人の出入りが多く、悪意ある人物の行為を防ぐのは極めて難しい
ためだ。
(以下、略)


東京新聞の記事はまるで外部から入り込んだ何者かによる犯行、であるかのよう

な表現になっています

しかし、点滴液の袋に逆性石けん液を混入させる手口からすれば、犯行は病院に

勤務する看護師の手によるものと推測されます

病院における待遇への不満か、患者やその家族とのトラブルが原因なのかは分か

りませんが、何らかの鬱屈があって患者殺害を遂行したのでしょう

この事件で思い起こすのは、2000年(平成12年)に宮城県の北稜クリニックで起

きた点滴液に筋弛緩剤を混入させた事件です。同クリニックに勤務する看護師守大

助による犯行とされ、1人が死亡、4人が重体となりました(うち、1人は命を取り留

めたものの意識は回復しないまま現在に至っています)

看護師による殺人および殺人未遂として大いに騒がれた事件で、無期懲役の判決

が下されています(守は冤罪を主張し、再審を請求しています)

本来、安全であるべきはずの病院で、患者を守る立場の看護師による犯行として衝

撃を与えました。救急救命措置(気管支へのチューブ挿入で気道を確保する確保す

る技術)に絶大な自身をもっていた守大助ですが、病院では他の看護師と同等の給

与でしかなく、プライドを傷つけられたのが犯行動機とされています

そのため入院患者に筋弛緩剤を投与して呼吸困難の状況を作り出し、守自ら救命

措置に当って己をアピールしようと意図した、と検察側は主張しています

さて、話を本件に戻して、入院患者の付き添いの家族が複数の患者の点滴に異物

を混入させるとは考えにくいのであり、外部から侵入した何者かの犯行とも考えられ

ません

一番可能性があるのは病院に夜勤に従事している看護師でしょう。事件が発生した

当日、勤務していた看護師が容疑者となるのは当然です

(関連記事)
点滴に水道水を混ぜて娘を殺害した母親 代理ミュンヒハウゼン症候群
http://05448081.at.webry.info/201005/article_45.html
代理ミュンヒハウゼン症候群の補足
http://05448081.at.webry.info/200905/article_38.html
「黒い看護師」殺人の吉田純子 死刑執行
http://05448081.at.webry.info/201603/article_24.html
看護師4人による保険金殺人事件を考える2 同性愛
http://05448081.at.webry.info/201010/article_16.html
看護師4人による保険金殺人事件を考える
http://05448081.at.webry.info/201002/article_40.html
老人ホーム3人転落死 管理会社の見苦しい釈明
http://05448081.at.webry.info/201602/article_24.html
老人ホーム3人転落死 今井容疑者は自己愛障害?
http://05448081.at.webry.info/201602/article_25.html
老人ホーム3人転落死 元職員が犯行自供
http://05448081.at.webry.info/201602/article_21.html
老人ホーム3人転落死事件の闇
http://05448081.at.webry.info/201509/article_33.html
川崎3人転落死老人ホーム 問題だらけの実態
http://05448081.at.webry.info/201511/article_15.html
老人ホームで3人が転落死 同じ職員が当直
http://05448081.at.webry.info/201509/article_15.html


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

横浜病院点滴殺人 内部犯行の可能性 夾竹桃日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる