夾竹桃日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 娘を性的暴行した父親に懲役に懲役4年の判決

<<   作成日時 : 2016/12/01 18:02   >>

トラックバック 0 / コメント 0

近親相姦事件が法廷で裁かれるケースは多くありません。が、家庭内でのレイ

プ事件は決して稀なものではなく、ほとんどの場合、被害者が刑事告訴に踏み

切らないまま、うやむやにされているのが実態だと言われます

最近では児童相談所や第三者が性的虐待を察知することで表沙汰になるケー

スもあるのですが、だからといってそれが刑事告発に直結するものでもなく、現

場では取り扱いに苦慮している…というのが自分の経験です

過去にも自分が相談に関わった少女から父親による性的虐待を示唆する話が

出た際、それを関係機関に報告したのですが、「父親が自分の娘に手を出すな

んてありえない。その娘は自分の家出を正当化するため、噓をついている」と決

めつけ、頑として聞き入れませんでした

頻繁に家出を繰り返し、不純異性交遊や窃盗などなどの事件を起こした少女の

ケースなのですが、後に家庭裁判所や病院での調査に応じた父親は娘への性

的虐待を認めています

さて、毎日新聞の報道によれば未成年者である娘に長期間にわたり性的虐待

を加えたとして起訴された父親に対し、大阪地方裁判所は懲役4年の実刑判

決を言い渡したと伝えられています


父から性的虐待:娘が減軽求め嘆願書 大阪地裁認めず
18歳未満の娘に長年にわたり性的虐待をしたとして、児童福祉法違反罪に問
われた実父の男の判決公判で、娘が記したとして弁護側から提出された刑の
減軽嘆願書を、大阪地裁が情状証拠として認めなかったことが分かった。嘆願
書で娘は「被害感情はなく寛大な処分を求める」としていたが、荒金慎哉裁判官
は「提出されること自体が不自然」と判断し、懲役4年(求刑懲役6年)を言い渡
した。
「提出自体が不自然」
性暴力被害者からこうした嘆願書が提出されるのは極めて異例。
29日に言い渡された判決などによると、40代の男は2008年、離婚していた妻
と当時小学生だった娘と同居を再開。直後から性的虐待が始まった。娘は中絶
手術も受けている。男は「しつけから始まった愛情表現で、性的欲求を満たすつ
もりはなかった」と釈明していた。しかし、判決は「身勝手で不合理な弁解だ。反
省の態度はうかがえない」と退けた。
弁護側は公判で「娘に被害感情はない」として、執行猶予判決を求めていた。母
親と娘がそれぞれ署名した嘆願書2通を情状証拠として提出。文面はパソコン
で作成されていた。嘆願書は母親と娘が話し合って作成したとみられる。
これに対し荒金裁判官は、「健全な父子関係を構築できず、性道徳を持てないま
ま現在に至っているのは明らか。被害女児の健全な育成に与えた影響は甚大だ」
と指摘。その上で、「特段の措置が講じられたわけではないのに、このような嘆願
書が提出されること自体が不自然」とし、嘆願書による情状酌量を認めなかった。
捜査関係者によると、娘は「違和感はあったが父親の怒りを買うのが怖くて言い
出せなかった」と警察に供述。母親は「うすうす(虐待に)気付いていたが、聞かな
かった」と話している。
弁護人は嘆願書について、「被告と被害児童の双方の不利益にならないと考え、
証拠を提出した。作成の経緯は守秘義務があり答えられない」と取材に話した。
専門家によると、幼少期から性的虐待が続くと、被害をしっかり認識できないこと
が多いという。虐待だったと将来認識した時点で、心的外傷後ストレス障害(PT
SD)などを発症することがあるとされている。
事件は娘が知人に打ち明けたことで発覚し、警察が今夏に同法違反容疑で男を
逮捕した。娘は児童相談所に一時保護されたが、現在は自宅に戻って母親らと
暮らしている。
日本子ども虐待防止学会事務局長・山本恒雄さん
家庭という閉ざされた空間で起きる性的虐待は、家族関係の崩壊を恐れた子ど
もに被害を隠そうとする心理が働く。
幼少期から虐待を受けた場合、子どもは被害感情を持てないことが多い。違和
感に気づいた子どもを「悪い子だ」として、自分の共犯者に仕立てる親すらいる。
すると、子どもは自分にも落ち度があると言い聞かせるようになる。虐待が発覚
することで両親との関係が悪化しないよう、被害をさらに隠そうとする子どももい
る。
虐待を受けた子どもは、自尊感情や主体性を持てなくなる傾向がある。性的虐
待の場合は特に、被害を認識できるのが何年も後になることが多い。大人にな
ってから当時の記憶が突然よみがえり、深刻なトラウマ症状やうつ、不眠といっ
た心身の不調に見舞われたり、自殺に至るケースもある。


被害者のプライバシーを守るため、記事では事件の経緯など詳細な説明は省い

ているのでしょう。なので、この親子の関係をあれこれ詮索するのは控えます

父親がたとえ「娘との関係は合意の上だった」などと主張しようと、それを容認す

るのは大間違いであり、処罰するのが正当です

父親を刑罰を科すことこそ、被害者が抱く「自分が悪いのかもしれない」といった

疑念や懸念を払しょくする一助になるのであり、罪悪感から救い出すきっかけに

なります

父親から性的な虐待を受けてきた少女の場合、自傷行為に走る例が少なくあり

ません。もちろん自傷行為=近親相姦による被害、と断定するものではないの

ですが、上述の少女の例に漏れず、面談する際には必ず手首などに自傷痕の

有無を確認するのが基本です(そんな基本もわきまえていない専門家がいたり

もするのですが)

自傷痕があれば、それは彼女がこれまでにどれだけ傷ついてきたかを示すの

であり、看過してはならないのです

上記の裁判では娘と母親が減刑を求める嘆願書を提出した、とあります

この嘆願書は被告人である父親が弁護人に頼み、減刑(せめて執行猶予をつ

けたいとの思惑から)のため書かせたものなのでしょう

そこには己の罪を償おうとする自覚など微塵もなく、ただ刑務所にだけは入り

たくないとのエゴ丸出しの考えが垣間見えます

この身勝手な父親が刑務所に服役してこそ被害者は救われるのであり、家の

中に居座ったままでは何の解決にもなりません

(関連記事)
家出を繰り返す少女
http://05448081.at.webry.info/200905/article_12.html
「プリキュア」性犯罪論争
http://05448081.at.webry.info/201209/article_14.html
少年愛と性犯罪の境界
http://05448081.at.webry.info/201109/article_50.html
虐待を発見しながら報告しない学校の屁理屈
http://05448081.at.webry.info/201008/article_18.html
わいせつ教師に懲役30年の判決
http://05448081.at.webry.info/200909/article_16.html
女子中学生を誘拐したスケベ教頭 不起訴処分に
http://05448081.at.webry.info/201203/article_18.html
小学生女児の裸を撮るため誘拐した学校教諭
http://05448081.at.webry.info/201108/article_10.html
女性教諭が男子生徒にセクハラ 懲戒免職
http://05448081.at.webry.info/201204/article_25.html
小学生に覚醒剤を打ち淫行、懲役23年の判決
http://05448081.at.webry.info/201403/article_31.html
小学生に痴漢で逮捕の防衛省課長 示談で不起訴
http://05448081.at.webry.info/201508/article_4.html
女教師が女生徒とレズ関係になり逮捕 英国
http://05448081.at.webry.info/201004/article_13.html
英BBCの人気司会者 200人以上の子供をレイプ
http://05448081.at.webry.info/201210/article_40.html
アメリカ カトリック教会によるこどもへの性的虐待
http://05448081.at.webry.info/201104/article_33.html
オーストラリアでの組織的児童虐待 被害者50万人
http://05448081.at.webry.info/200911/article_40.html
イギリスの黒歴史 児童奴隷問題を映画化
http://05448081.at.webry.info/201002/article_56.html
ベルギーの教会 児童への性的虐待で強制捜査
http://05448081.at.webry.info/201006/article_62.html
同性愛排除で揺れる米ボーイスカウト連盟
http://05448081.at.webry.info/201305/article_26.html
強盗強姦事件で懲役25年 その呆れる所業
http://05448081.at.webry.info/201702/article_5.html
元Jリーガー神村奨連続強姦事件で懲役30年
http://05448081.at.webry.info/201702/article_6.html


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

娘を性的暴行した父親に懲役に懲役4年の判決 夾竹桃日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる