夾竹桃日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国アニメの逆襲 「一人之下」が日本で放映され話題に?

<<   作成日時 : 2016/12/13 21:44   >>

トラックバック 0 / コメント 0

8月にサーチナの配信記事で、中国で大人気の漫画「一人之下」がアニメ化され、

日本での配信が決まったと報じられました。これを「中国アニメの逆襲だ」と持ち

上げていたのですが、今年も押し詰まった今、振り返ってもこの中国アニメ「一人

之下」が話題になったとの印象はまるでなく、「そんなアニメあったかな」と思うば

かりです

まずはサーチナの記事を引用します


8月12−14日、世界最大級の同人誌販売会「コミックマーケット90」(コミケ)が
東京国際展示場で開かれた。日本のマンガ・アニメ文化、サブカルチャーを愛好
する若者が多い中国のネット上でもコミケに関する情報が伝えられた。実際にコ
ミケに足を運んだという中国の人も多いのではないだろうか。
そんな中、中国生まれのアニメ作品が日本のテレビ局で放送され、注目を集め
ている。中国メディア・天津日報が13日に報じた。記事は、「一人之下」という中
国産アニメが7月9日より日本のテレビ局で放送を開始したとし、日本のテレビ
局で放送された中国アニメ第2号となったと紹介した。
そして、中国のネット上で人気を集めたマンガを原作として作られたこのアニメ作
品が「多くの中国伝統文化コンテンツを含んでおり、国外でも非常に人気を集め
ている」と説明。マンガは韓国や欧州などの出版社と販売に関する交渉を行って
いるとする関係者の話を伝えた。
また、作者である高安氏が日本アニメからの影響について言及したことを紹介。
「日本アニメは創作に影響を与えた。しかしそれは画風においてだ」とし、沙村広
明、冨樫義博、岸本斉史の3氏を「最も影響を受けた人物」に挙げた一方で「スト
ーリーについては日本から何の影響も受けていない。日本のマンガは好きだが、
日本の価値観に染まってはおらず、どちらかと言うとちょっと受け付けないところ
がある」と語ったとしている。
関係者によると、画風で日本の影響を多分に受けていながらも、その中身が本
土文化に根付いたものであるからこそ同作品の持っている価値が高く、受け入
れられる、とのことだ。
記事はさらに、同作品の日本上陸についてネットユーザーからは「国産マンガ・
アニメの逆襲」との声が出ていることを紹介したうえで、関係者が「それは時期
尚早。ただ、逆襲に向けた第一歩を踏み出したということはできる」と冷静に語
ったことを紹介。「実際、日本の会社と接触した時に、彼らに高慢なところを感じ
た。ただ、作品が優秀であれば、彼らもきっと認めてくれることだろう」としたこと
を伝えた。
強い影響を受けている以上、画風に日本のマンガやアニメの面影が見えていて
も決して不自然なことではない。それを一概にパクリと言ってしまったら、新たな
ものが生まれる芽を摘み取ってしまうことになる。影響力を正面から認める潔さ
はむしろ好意的に受け取られるべきだろう。そのうえで、中国的な部分、作者個
人のオリジナリティある部分をどんどん打ち出していってもらいたい。
「逆襲」という言葉はいささか挑戦的であるが、日中のマンガ・アニメ業界が将来
的に互いに刺激しあう良きライバルとなれば、双方にとって良い影響が生まれ
ることだろう。


まず記事の書き方が無茶苦茶で、誰が何を言っているのか数度、読み返さない

と把握できません。「関係者の話によると」とあっても、いったいどんな関係者な

のか不明であり、まるで暗号文のような記事です

中国メディアの記事では、こうした頭の悪い書き方が標準仕様なのでしょう(それ

を伝えるサーチナの書き方も含めて)

さて、この「一人之下」は今年6月からTOKYO MXで放送されたようですが、視聴

した人はどれだけいたのでしょうか?

TOKYO MXの公式サイト
http://hitorinoshita.com/

中国で3億PVを超える人気WEB漫画のアニメ化と宣伝しています

公式サイトにもあるプロモーション映像ですが、これを見た日本のアニメファンは

まず噴き出してしまうでしょう


夜の月に向かってバサバサとカラス飛ぶシーンなど、「Hellsing OVA」のパクリ

です。そのほかにもどこかで見たようなシーンの連続であり、おれはもう日本のア

ニメを継ぎ接ぎした映像の盛り合わせです

こんなものを堂々と日本に売り込もうとしたなら、関係者(皮肉の意味で)は冷笑

するしかないわけで

シリーズはYouTubeで視聴可能なので、興味のある方はご覧ください。インターネ

ットの掲示板では「3話まで見てもう止めた」と書き込まれています

話題になったのは、「低クオリティ作品という意味で」なのかもしれません

(関連記事)
パクリアニメを批判する中国メディア
http://05448081.at.webry.info/201703/article_16.html
「中国アニメは日本に追いついたか?」と書く中国メディア
http://05448081.at.webry.info/201702/article_18.html
中国原作アニメが続々登場 日本アニメの危機?
http://05448081.at.webry.info/201701/article_3.html
中国紙「中国アニメは日本のアニメに立ち向かえるのか?」
http://05448081.at.webry.info/201611/article_15.html
日本版「三国志」のアニメ、ゲームを批判する中国
http://05448081.at.webry.info/201611/article_5.html
中国が本気で作った3Dアニメ「三国演義」
http://05448081.at.webry.info/201303/article_2.html
「中国のギャグアニメが人気」も、中身は日本式ギャグ連発
http://05448081.at.webry.info/201302/article_28.html
中国アニメのいいわけ 「良質のシナリオさえ準備できれば」
http://05448081.at.webry.info/201306/article_14.html
中国では作れない春秋戦国時代アニメ「キングダム」
http://05448081.at.webry.info/201210/article_20.html
中国政府 ライトノベル禁止令を発動させる
http://05448081.at.webry.info/201303/article_28.html
中国の新作アニメはまたしても「西遊記」
http://05448081.at.webry.info/201511/article_23.html
来年注目の中国アニメは「我的師父姜子牙」
http://05448081.at.webry.info/201509/article_6.html
中国メディア 「中国アニメ界になぜ宮崎駿は生まれないのか」
http://05448081.at.webry.info/201309/article_15.html
「日本の伝統と現代を融合させた宮崎駿」と誤解する中国メディア
http://05448081.at.webry.info/201309/article_11.html
中国の怖くないゾンビアニメ「屍兄」
http://05448081.at.webry.info/201311/article_26.html
「日本は国産アニメ保護のため外国作品を排除」と書く中国メディア
http://05448081.at.webry.info/201404/article_27.html
中国 「夏はやっぱり抗日アニメ」
http://05448081.at.webry.info/201507/article_14.html
中国の魔法少女アニメ「巴拉拉小魔仙」
http://05448081.at.webry.info/201306/article_21.html
「名探偵コナン」の人気を読み誤る中国メディア
http://05448081.at.webry.info/201306/article_9.html
日中韓共同制作アニメ「金玉鳳凰」は空中分解
http://05448081.at.webry.info/201112/article_46.html
中国アニメ産業、生産額1兆円の時代を迎える
http://05448081.at.webry.info/201203/article_25.html
「国家イメージまで創り上げた日本のアニメ」と報じる中国メディア
http://05448081.at.webry.info/201203/article_17.html
成功を焦る中国アニメ 世界的なヒット作はなく
http://05448081.at.webry.info/201306/article_4.html
大和総研の「日中アニメ業界の比較研究」がひどい
http://05448081.at.webry.info/201209/article_45.html

中国の風刺漫画
白帝社
陶 冶

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 中国の風刺漫画 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

中国アニメの逆襲 「一人之下」が日本で放映され話題に? 夾竹桃日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる