夾竹桃日記

アクセスカウンタ

zoom RSS レッサーパンダ帽男殺人を考える1 発達障害

<<   作成日時 : 2017/07/15 10:38   >>

トラックバック 0 / コメント 0

死刑の話題を2つ、書きました。ただし、何が何でも処刑せよ、と主張するつも

りはありません

被害者の側にすれば親族が殺害される衝撃的な事件に対し、何らかの決着を求め

る気持ちがあるのは事実であり、その1つが死刑の執行でしょう

報復を求める被害者家族を批判し、博愛的な立場から犯人を許すことこそ本当の

癒しにつながると説教する人たちもいるのですが、賛成する気にはなれません

さて、前置きはこのくらいにして本題へ進みます

「見ず知らずの人を殺害した犯人を逮捕したら発達障害だった」という事件が珍し

くありません。診断の精度が向上した結果でもあります

もちろん発達障害自体は大昔からあったのであり、それを障害ととらえる概念がな

かったゆえに、「ちょっと変わった人間」とか、「おかしな奴」として扱われてい

たわけです

発達障害が社会問題、教育問題として取り上げられるようになってきたものの、対

応が十分とは言えない状況であり、特に刑事事件の被害者であったり加害者である

場合、その扱いが適切とは言い難いケースが目につきます

今回取り上げる「レッサーパンダ帽男殺人」とは、発達傷害を抱えた男性による通

り魔殺人であり、犯人がいつもレッサーパンダの帽子をかぶっていたためにこう呼

ばれています

2001年4月に東京都台東区で女子短大生が包丁で刺され、失血死する事件があ

り、目撃証言などからレッサーパンダの帽子を被った男、が容疑者として浮上しま

した。犯人山口誠はレッサーパンダの帽子を脱ぎ捨てて逃走。翌月、工事現場で日

雇い労働者として就労しているところを逮捕されています

事件の経緯をまとめたウェッブサイトがありますので、そちらを参照願います


レッサーパンダ帽男殺人事件【山口誠】
https://matome.naver.jp/odai/2140573719102419301


山口誠は知的障害があるとして養護学校に通っていたのですが、卒業後の就労先で

は前歯を叩き折られるほどのひどいいじめを受けており、また父親も暴力に走る人

物でした(父親も軽度の知的障害あり)

そのためか家庭に居つかず放浪を繰り返しては事件を起こし、強制わいせつ・強盗

未遂で懲役3年執行猶予5年の判決を受けたのち、熊本で自転車窃盗をやり佐賀少

年刑務所に服役、さらに出所後に青森で無銭飲食をやり青森刑務所に服役していま



山口誠の場合、知的障害と言うよりも自閉症に近いものがあったわけですが、それ

でも家出し放浪を繰り返すようでは福祉の枠からはみ出してしまいます

そして函館の実家から家出して上京後、本件の殺人事件に至ります

まとめサイトを見ても、動機の部分は判然としません。山口の主観そのままの語り

であるからこそ、余計に第三者には理解できない内容です

弁護団は精神薄弱を理由に責任能力に問題があると争いましたが、東京地裁は「弁

護側が主張するように、被告が広汎性発達障害に当たるとしても、完全な責任能力

を有していたことは明らか」として山口に無期懲役を言い渡しています

この裁判を弁護団は以下のように批判しています


弁護団は、「発達障害のリーディングケースともなる判決を放棄してしまった。こ
れでは、発達障害の人にはどんな取調べをしても良い、虚為自白でも何でもいいか
ら調書を取って起訴する、そしてとにかく刑務所に入れておけば良い、というもの
になっている」と激 しく批判しました。
「結局、被告を社会から永久に排 除せよ、ということに尽きる」(大石弁護士)。
「私たち弁護人は、この裁判の場が反省と責任を被告人に自覚させ、感銘させる教
育的更生の場であると考えて」来たが「本人に問題を分からせたい、現実を語らせ
たい、理解させたい」ということにこだわり過ぎた。 「たとえ無理でも、警察のス
トーリーと食い違う証拠をドンドン出していけば、また違った展開になっていたは
ずである」(副島弁護士)
(社会臨床雑誌 第13巻第3号より引用)


高い理想を追い求めるのは結構ですが、山口被告に「法廷は反省と自覚を促す場で

すよ。感銘して更生を誓いなさい」と申し向けても理解できなかったはずです

弁護側もまた、発達障害者とどう向き合うか手探り状態であったと言えます

さて、長くなりましたので一旦終了します

(関連記事)
レッサーパンダ帽男殺人を考える2 不幸な誤解
http://05448081.at.webry.info/201708/article_4.html
西尾ストーカー殺人の少年 出所後再犯で懲役1年8月
http://05448081.at.webry.info/201706/article_25.html
ストーカー殺人の少年が出所後また殺人未遂
http://05448081.at.webry.info/201208/article_30.html
石巻3人死傷事件を考える2 人格障害
http://05448081.at.webry.info/201002/article_25.html
酒鬼薔薇は「命の大切さを知らない」とする誤解
http://05448081.at.webry.info/201403/article_26.html
福岡女子予備校生殺害 公判は始まらないまま
http://05448081.at.webry.info/201705/article_17.html
高畑裕太は子どもの頃、発達障害と診断されていた
http://05448081.at.webry.info/201609/article_10.html
AKB襲撃犯のプロフィールを考える 発達障害
http://05448081.at.webry.info/201405/article_29.html
発達障害で姉を刺殺した男性 控訴審で減刑も
http://05448081.at.webry.info/201302/article_42.html
学習塾殺人事件を考える1 京進ゼミが9900万円賠償
http://05448081.at.webry.info/201004/article_34.html
学習塾殺人事件を考える2 アスペルガー障害と殺人の関係
http://05448081.at.webry.info/201004/article_36.html
大人の発達障害 会社で問題社員扱いされる人
http://05448081.at.webry.info/201003/article_23.html
発達障害児9万人 どう対応するか
http://05448081.at.webry.info/201605/article_6.html
町田 読者モデル女子高生殺害事件を考える1 幼なじみ
http://05448081.at.webry.info/201511/article_22.html
町田 読者モデル女子高生殺害事件を考える2 どこまでが発達傷害なのか
http://05448081.at.webry.info/201511/article_35.html

自閉症裁判 レッサーパンダ帽男の「罪と罰」 (朝日文庫)
朝日新聞出版
佐藤 幹夫

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 自閉症裁判 レッサーパンダ帽男の「罪と罰」 (朝日文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

レッサーパンダ帽男殺人を考える1 発達障害 夾竹桃日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる