夾竹桃日記

アクセスカウンタ

zoom RSS レッサーパンダ帽男殺人を考える2 不幸な誤解

<<   作成日時 : 2017/08/02 19:47   >>

トラックバック 0 / コメント 0

発達障害と殺人を考えるきっかけとして、2001年4月に東京都台東区で女子短大

生が包丁で刺殺された事件を取り上げています

犯人山口誠は過去に強制わいせつ事件で有罪判決を受けており、この女子短大生殺害

についても、刃物で脅した上でわいせつ行為をしようと企図したものではないかとの

疑いを招きました

しかし、犯行の動機について山口被告の口から明確な発言は引き出せないままであり、

殺害の事実をもって無期懲役が言い渡されたと受け止める人も少なくありません

事件の弁護を担当した副島弁護士は、この事件に「不幸な誤解があった」と指摘して

います


副島洋明さんインタビュー「障害と事件」
http://www.futoko.org/special/special-03/page0623-157.html
――重大事件でも、発達障害が問題にされ始めていますね?
たしかにそういうケースはあります。しかし、それも背景をちゃんと見ないといけな
い。
たとえば「浅草レッサーパンダ事件(※メモ2参照)」では、加害者のYさんは「凶
悪な通り魔殺人鬼」と言われた。たしかに、人通りの多い浅草で昼日中に女性を包丁
で刺したというのは、一見理解しがたい重大な殺人事件とみえます。
自白調書には「殺して自分のものにしたかった」と書かれていますが、しかし続けて
「自分のものにしたかった」とは〈友だちになりたかった/いっしょに公園のベンチ
に座ってみたかった〉と話しています。彼は女性を殺すという意思はなかったんです。
彼の生育歴をみると、発達障害のゆえに徹底的にいじめられ傷つけられていた。しか
も、ふつうだったらとうに自殺していておかしくない極貧の状況下で辛抱強く生きて
きたんです。それでも、社会に恨みや怒りをもち、それを他人に向けることがない。
それを「障害」と言うならばそうかもしれません。そういう不器用さ、孤立性を持っ
ている。
じゃあ、何が彼を包丁を出すという「犯罪」に追い立てたのか? 異常で変態からな
のか?
ちがうんです。彼らはそこで人に対してコミュニケーションをとろうとしていたんで
す。彼は女性と話をしてみたかった。女性と二人で歩いてみたかった。美しい詩をい
っぱい書いた手紙を何度も同級生やいろんな女性に出してきています。それは相手の
女性に恐怖心をもたらすわけだけど、それがわからない。どうしたら人は自分に振
り向いてくれるか、どうしたら立ち止まってくれるかという思いなんです。
数年前の前科のなかに、彼がオモチャの鉄砲を示したら女性が立ち止まってくれたこ
とがあった。鉄砲を向けられた女性はその異様な状況に震えあがったわけですが、彼
にすれば、そういうふうにすれば女性が立ち止まってくれると理解した。
その延長にあの事件がある。
だから、そこまで追いつめられる前にちょっとでも相談できる人がいたら、コミュニ
ケーションに飢えていなかったら、あの事件はなかったと思います。


弁護士の発達障害者に寄せる思いには敬意を表したいと思います

しかし、刺殺された女性の側にすれば刃物を突き付けられるのは恐怖でしかなく、山

口被告がコミュニケーションに飢えていたと説明されても納得できないでしょうし、

理解する気にもなれないのでしょう

いくら副島弁護士が「彼には殺害する意図はなかった」と強調しても、被害者は現に

刺殺されているわけで

裁判上の話をするなら、殺人ではなく傷害致死罪の適用(殺意はなかった)で無期懲

役から有期刑への減刑があってしかるべき、と副島弁護士は言いたいのでしょう

ですが、仮に山口被告に殺意はなかったとしても、被害者を複数回刺して死亡させて

いる以上、裁判官や検察官が「殺意を抱いて刺した」と見るのは仕方のないところ

です

たとえ山口被告が被害者女性としばし語り合いたいがため刃物を向けただけ、だとし

ても、それが不幸な誤解であったとしても、発達障害であっても許されるものではな

いと指摘しておきます

ちなみに山口被告の父親も軽度の知的障害があり、金銭管理能力がないうえにパチン

コに狂い、こどもたちには暴力をふるう人間でした

山口被告が家出をして保護されるたび、その帰還のための旅費を負担したのは妹です。

彼女は中学卒業後、進学を諦めて働き、若くしてガンを患い25歳で亡くなってい

ます

山口被告は家出の資金を得るため、妹の私物を持ち出して売り払うのもしばしばだっ

たとか

(関連記事)
レッサーパンダ帽男殺人を考える1 発達障害
http://05448081.at.webry.info/201707/article_15.html
西尾ストーカー殺人の少年 出所後再犯で懲役1年8月
http://05448081.at.webry.info/201706/article_25.html
ストーカー殺人の少年が出所後また殺人未遂
http://05448081.at.webry.info/201208/article_30.html
石巻3人死傷事件を考える2 人格障害
http://05448081.at.webry.info/201002/article_25.html
酒鬼薔薇は「命の大切さを知らない」とする誤解
http://05448081.at.webry.info/201403/article_26.html
福岡女子予備校生殺害 公判は始まらないまま
http://05448081.at.webry.info/201705/article_17.html
高畑裕太は子どもの頃、発達障害と診断されていた
http://05448081.at.webry.info/201609/article_10.html
AKB襲撃犯のプロフィールを考える 発達障害
http://05448081.at.webry.info/201405/article_29.html
発達障害で姉を刺殺した男性 控訴審で減刑も
http://05448081.at.webry.info/201302/article_42.html
学習塾殺人事件を考える1 京進ゼミが9900万円賠償
http://05448081.at.webry.info/201004/article_34.html
学習塾殺人事件を考える2 アスペルガー障害と殺人の関係
http://05448081.at.webry.info/201004/article_36.html
大人の発達障害 会社で問題社員扱いされる人
http://05448081.at.webry.info/201003/article_23.html
発達障害児9万人 どう対応するか
http://05448081.at.webry.info/201605/article_6.html
町田 読者モデル女子高生殺害事件を考える1 幼なじみ
http://05448081.at.webry.info/201511/article_22.html
町田 読者モデル女子高生殺害事件を考える2 どこまでが発達傷害なのか
http://05448081.at.webry.info/201511/article_35.html

発達障害 (文春新書)
文藝春秋
岩波 明

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 発達障害 (文春新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

レッサーパンダ帽男殺人を考える2 不幸な誤解 夾竹桃日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる