夾竹桃日記

アクセスカウンタ

zoom RSS アメリカに野球マンガはない 文春オンライン

<<   作成日時 : 2018/01/14 23:39   >>

トラックバック 0 / コメント 0

「アメコミには野球マンガがない」と指摘する記事を文春オンラインがアップしています

ので、取り上げます

自分もアメリカのコミック事情には疎いものの、思い浮かぶのは「スーパーマン」などの

超人ヒーローが活躍する勧善懲悪展開のストーリーばかりです

いわゆる日本のスポ根漫画に匹敵するような作品がアメコミに存在するとは、想像で

きません

「キャプテン翼」のような、さわやかヒーローの活躍を描くスタイルもアメコミには馴染

まないように感じます

以下、文春オンラインの記事を引用しますが、長文なので一部を割愛します


アメリカに野球マンガはない? ベースボール大国の気になるコミック事情
http://bunshun.jp/articles/-/5864
(前略)
アメリカで野球マンガが流行らない背景には、いくつか理由が考えられるという。
まず、アメコミでは「善悪がはっきりしているジャンル」が好まれる。具体的には、ヒー
ローやファンタジー、ホラーやゾンビ、宇宙やSF関連など。健全なスポーツである野球は、
詰まるところ「どっちが勝ってもいいじゃない」ぐらいの感覚が働くのかもしれない。
「スポーツを観戦する層と、コミックを購読する層が一致していない」という可能性につ
いても、大須賀さんは指摘する。老若男女が様々なマンガに親しむ日本と違い、アメリカ
ではスポーツファンとコミックファンがほとんど被らないのではないか、という推論だ。
ジャンルとして成立していないがゆえに、クリエイターが育たないという側面もある。普
段、我々は当たり前のように眺めているが、野球マンガのフォームやプレイ、テンポとい
ったものは非常に独特だ。それらはもちろん、多くの先達が試行錯誤を積み重ねてきた結
果である。アメコミ界が、一気に追いつくのは確かに難しいだろう。
(中略)
ちなみにアメリカでは野球だけでなく、バスケットボール、アイスホッケー、アメリカン
フットボールといった、いわゆる「四大スポーツ」のコミックもあまり見かけないそうだ。
例えば、『BLOOD BALL』という作品は、アメリカンフットボールをモチーフにしている
ものの、内容はファンタジー要素を多分に盛り込んだものになっているという。
代わりに、最近注目されているスポーツマンガが「FENCE」。なんとフェンシングを取り
上げたコミックであり、一部のファンから人気を集めているらしい。また、アメリカのプ
ロレス団体「WWE」を描いた作品もある。実在の選手も登場しているとか。剣技であっ
たり格闘技であったり、バトル要素が入ったほうが、アメコミ的にはウケがいいようだ。
(中略)
かように、全体には厳しい印象のアメリカにおける野球マンガ事情。しかし、状況が変わ
る可能性は十分にあると大須賀さんは語る。
「もしアメリカで、すでに有名な作家の先生が野球を題材に描いたら、一気に広まること
もあると思いますね。あと個人的には、『巨人の星』のアメリカンスタイルみたいなもの
をつくったら、意外とウケるかもしれないかなと。巨人の設定をニューヨーク・ヤンキー
スに置き換えてみる、とか。ただし、絵柄的にはアメコミに馴染まない雰囲気なので、そ
の辺りには工夫が必要です」
ベースボールとコミックを愛するアメリカにも、決してマネできない野球マンガ大国・日
本。世界にもっと、野球マンガの魅力を知ってもらいたいものである。


日本の漫画でも、「AKIRA」や「攻殻機動隊」のようなスタイルはアメコミファンで

も馴染みやすいのでしょう

が、あだち充の野球漫画には違和感しかないのかもしれません

上記の記事では、「巨人の星」のアメリカンスタイルならウケるかも、と書かれています

が、どうなのでしょうか?

元メジャーリーガーの父を持つ貧しい少年が、努力と根性と受け継いだ天性によってのし

上がってゆく…というストーリーです

しかし、スカッと活躍して読者に満足感、カタルシスを与える展開に持ち込むまでに時間

がかかりすぎ、飽きられる可能性もあります

逆に最初から大活躍では、努力と根性の部分が抜け落ち、底の浅い構成になってしまうで

しょう

そもそも、スーパーマンは努力と根性を必要としない、最初からスーパーヒーローなので

あり、それがウケる理由です

読者はスーパーマンが地味に特訓したり、挫折する姿など見たくもないわけで

やはり、文化の土壌の違いは大きいのであり、野球に求める価値観の違いは日米で決定的

に異なっているのでしょう

なので、アメリカ人にもウケる野球漫画とか、アメリカンコミックのスタイルというのを

見出すのは困難と思われます

(関連記事)
WBC準優勝記念 韓国の野球アニメ「Rolling Stars」
http://05448081.at.webry.info/201107/article_12.html
インドで「巨人の星」をリメイク、放送を目指す講談社
http://05448081.at.webry.info/201201/article_13.html
インド版「巨人の星」 視聴率は0.2%だった
http://05448081.at.webry.info/201407/article_12.html
インドで制作されたアニメ「忍者ハットリくん」
http://05448081.at.webry.info/201512/article_16.html
中国メディア 「キャプテン翼」から見る日本のスポーツ文化
http://05448081.at.webry.info/201208/article_14.html
フランス人の好きな日本アニメ1位「聖闘士星矢」
http://05448081.at.webry.info/201801/article_4.html
イタリアの少女たちのあこがれ 「アタックNo.1」
http://05448081.at.webry.info/201110/article_7.html
ロシア人の好きなアニメは「狼と香辛料」
http://05448081.at.webry.info/201110/article_37.html
中国版「けいおん!」? バンドに打ち込む青春アニメ
http://05448081.at.webry.info/201109/article_32.html
韓国アニメの才能 ミュージックビデオ風アニメ「SUNSHINEGIRL」
http://05448081.at.webry.info/201109/article_29.html
「カードキャプターさくら」 日本版と北米版の違い
http://05448081.at.webry.info/200911/article_30.html
日本と米国のアニメの違い「テーマと暴力シーン」
http://05448081.at.webry.info/201109/article_26.html
「もしドラ」 ドラッカーをもアニメにしてしまう日本
http://05448081.at.webry.info/201104/article_69.html
記事「日本のマンガ、実は世界でウケてない」への反論
http://05448081.at.webry.info/200908/article_2.html
なぜ漫画は世界規模の文化製品になったか 仏誌の記事
http://05448081.at.webry.info/200909/article_3.html
日本アニメの底力 カロリーメイトCM
http://05448081.at.webry.info/201510/article_35.html
中国アニメは独り立ち「日本を超えた」との声
http://05448081.at.webry.info/201802/article_12.html

イヤー・オブ・マーベルズ (ShoPro Books)
小学館集英社プロダクション
ライアン・ノース他

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by イヤー・オブ・マーベルズ (ShoPro Books) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

アメリカに野球マンガはない 文春オンライン 夾竹桃日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる