夾竹桃日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国がアニメでポーランドと業務提携

<<   作成日時 : 2018/01/22 19:43   >>

トラックバック 0 / コメント 0

中国とポーランドのアニメーション制作会社が戦略的業務提携をした、と報道されてい

ます。わざわざ「戦略的」なんて表現を使うのもどうかと思うのですが、そこから何か

新しいものが生まれるのでしょうか?

ポーランドで制作されたアニメは小熊を主人公にした幼児向けの作品(稚拙というので

はなく、絵本のページを開くような質の高い作品)しか知らないので、少し驚きました

以下、AFPの記事を引用します

報道は昨年12月のものです


「中国・ポーランド国際アニメ・漫画企業フォーラム」が4日、中国南京で開催された。
期間中には中国とポーランドのアニメ制作会社による戦略的業務提携の調印式も行なわ
れ、今後は共に手を携えて国際アニメ市場へ展開していくことになる。
ポーランドのアニメ制作会社、アニムーン(Animoon)のグジェゴルズ・ワクワヴェク
CEOは、ポーランド文化を代表する動画や今年のアヌシー国際アニメーション映画祭で
アヌシー賞にノミネートされた連続TVアニメ「HugMe」を紹介。「『HugMe』の第2
期は中国のアニメ制作会社との協力で制作を進めていく」と話した。
今回、アニムーンと業務提携を結んだ南京博鐸動漫画王震CEOは、「中国オリジナルア
ニメの主力として、2006年から当社は国際市場に照準をあわせてきた。将来的にはアニ
ムーンとの共同で『我是哪吒2(I am NeZha 2)』を制作し、中国、ポーランドの文化
交流を促進していきたい」と述べた。
今回のフォーラムの主旨は、「走出去(中国における積極的な海外進出)」の提唱。江
蘇省(Jiangsu)アニメ・ゲーム産業の対外交流や協力を促進し、海外の優秀なアニメ
制作会社や良質な作品、配給会社などを引き入れることにある。中国・ポーランド両国
のアニメ制作会社の上質な産業と交流プラットフォームを連結させることで両国の連携
をさらに深め、外国資本の受け入れと海外進出を通し、両国が共に発展するビジネスモ
デルを実現させることにある。


2017年のアヌシー国際アニメーション映画祭では、湯浅政明監督の「夜明け告げる

ルーのうた」が長編コンペティション部門の最高賞(グランプリ)に当たるクリスタル

賞を受賞しています。そして片渕須直監督の「この世界の片隅に」が長編審査員賞を受

賞しており、日本の作品が映画祭を席巻したとの報道が記憶に新しいところです

もちろん、「だから日本のアニメは優秀だ」などと自画自賛するのが当ブログの目的で

はありません

こうした映画祭は作品の見本市という意味合いもありますので、もう少し海外の作品も

丁寧に紹介してもらいたいのですが、日本の報道は湯浅監督や片渕監督中心になってし

まいます(やむを得ないのでしょう)

さて、話を戻して記事にある中国の南京博鐸動漫画は、ポーランドと合作で「我是哪吒

2(I am NeZha 2)」をやりたい、と語っています。続編があるというなら、その前編

があるのでしょう。探して見ました


I Am Nezha (我是哪吒, 2016) animation teaser trailer



竜と闘う武侠物、というかファンタジー作品のようです

中国国内ではウケるのでしょうが、これが劇場版として世界各国に売れるのかは大いに

疑問です

最近の中国アニメの特徴として、CGを駆使し画面をグルグル動かす手法が目につきま

す。作り手の側は、「どうだ、このカメラワーク。すげえだろ」と自慢したいのでしょ

うが、見る側からすれば迷惑でしかありません

ブログを書いていてポーランドのアニメの話題として思い出したのが、「ゴッホ〜最後

の手紙」です

ポーランドとイギリスの合作となったアニメは、ゴッホの油絵風の絵を動かすという驚

愕すべき手法で描かれています。こんな力業をやってのけるのですから、ポーランドの

アニメーションの水準は高いのでしょう(制作にはポーランド以外のアーティストに加

わっています。日本からも)

1秒のアニメーションにつき12枚の油絵を用い、ゴッホのタッチを忠実に再現した6

万枚もの油絵で動画を制作したという、狂気すら感じさせる作品です


映画『ゴッホ 〜最期の手紙〜』日本版予告編


しかし、中国のアニメ関係者はこの手法に関心はないのでしょう。もっと安上がりで短

期間で仕上げて、儲かる作品をやるべきだと言うのでは?

それが彼らのビジネスモデルですから

(関連記事)
中国アニメと日本アニメ 絶対に越えられない壁
http://05448081.at.webry.info/201807/article_9.html
中国メディア「日本アニメとの差は開いている」
http://05448081.at.webry.info/201803/article_18.html
中国アニメは独り立ち「日本を超えた」との声
http://05448081.at.webry.info/201802/article_12.html
中国アニメ「一人之下」 日本でウケず自虐する中国人
http://05448081.at.webry.info/201712/article_11.html
中国アニメの逆襲 「一人之下」が日本で放映され話題に?
http://05448081.at.webry.info/201612/article_12.html
「日本のアニメはパターン化し停滞している」と書く中国メディア
http://05448081.at.webry.info/201712/article_23.html
文化強国目指す中国 実態はコンテンツの墓場
http://05448081.at.webry.info/201712/article_1.html
韓国の劇場版アニメ「Seoul Station」が高評価?
http://05448081.at.webry.info/201704/article_25.html
パクリアニメを批判する中国メディア
http://05448081.at.webry.info/201703/article_16.html
「中国アニメは日本に追いついたか?」と書く中国メディア
http://05448081.at.webry.info/201702/article_18.html
中国原作アニメが続々登場 日本アニメの危機?
http://05448081.at.webry.info/201701/article_3.html
中国紙「中国アニメは日本のアニメに立ち向かえるのか?」
http://05448081.at.webry.info/201611/article_15.html
日本版「三国志」のアニメ、ゲームを批判する中国
http://05448081.at.webry.info/201611/article_5.html
中国が本気で作った3Dアニメ「三国演義」
http://05448081.at.webry.info/201303/article_2.html
「中国のギャグアニメが人気」も、中身は日本式ギャグ連発
http://05448081.at.webry.info/201302/article_28.html
中国アニメのいいわけ 「良質のシナリオさえ準備できれば」
http://05448081.at.webry.info/201306/article_14.html
中国では作れない春秋戦国時代アニメ「キングダム」
http://05448081.at.webry.info/201210/article_20.html
中国政府 ライトノベル禁止令を発動させる
http://05448081.at.webry.info/201303/article_28.html
中国の新作アニメはまたしても「西遊記」
http://05448081.at.webry.info/201511/article_23.html
来年注目の中国アニメは「我的師父姜子牙」
http://05448081.at.webry.info/201509/article_6.html
中国メディア 「中国アニメ界になぜ宮崎駿は生まれないのか」
http://05448081.at.webry.info/201309/article_15.html
「日本の伝統と現代を融合させた宮崎駿」と誤解する中国メディア
http://05448081.at.webry.info/201309/article_11.html
成功を焦る中国アニメ 世界的なヒット作はなく
http://05448081.at.webry.info/201306/article_4.html
大和総研の「日中アニメ業界の比較研究」がひどい
http://05448081.at.webry.info/201209/article_45.html
「名探偵コナン」の人気を読み誤る中国メディア
http://05448081.at.webry.info/201306/article_9.html


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

中国がアニメでポーランドと業務提携 夾竹桃日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる