夾竹桃日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 眞子様ご結婚延期を考える

<<   作成日時 : 2018/02/13 18:33   >>

トラックバック 0 / コメント 0

結婚は家と家の結びつきを生むものですから、「当人同士が幸せならそれでいい」と簡

単に割り切れるものではありません

特に皇室ともなれば、結婚に至るまでに幾多もの関門を乗り越える必要があり、大変だ

ろうと推測します

が、なぜか秋篠宮家の長女、眞子内親王の場合は婚約が内定した後、さまざまなトラブ

ル、問題が噴出してしまい、結局は結婚延期という事態に至ってしまいました

事前に宮内庁で婚約相手の身体検査をしなかったのか、それとも眞子内親王が結婚に前

のめりになりすぎて、抑えが効かなかったのかは不明ですが、不手際であるのは確かで

しょう

週刊誌報道が伝える小室家の問題は主に金銭トラブルですが、それだけでは済みそうに

ありません


眞子さまご結婚延期…小室さん乗り越えるべき3つのハードル「金銭トラブル」「経済
力」「皇室との信頼関係」
https://www.news-postseven.com/archives/20180210_651549.html
突然の発表だった。宮内庁は6日、11月に予定していた、眞子さまの結婚式など関連
する一連の儀式を2020年まで延期すると知らせた。
宮内庁は週刊誌報道とご結婚延期は無関係としているが、災害発生などを理由としない
延期は極めて異例。眞子さまのご結婚の意思は変わっていないとし、天皇、皇后両陛下
にも報告し、尊重していただいたという。
眞子さまのお幸せのためには、小室さんらが克服すべき課題が多々ありそうだ。
『男系・女系からみた皇位継承秘史』(洋泉社)など、皇室に関わる著書もある八幡氏
は「3つのハードル」を指摘する。
第1は「金銭トラブルの解消」だ。
八幡氏は「報道された借金は、小室さんの授業料や留学費用などに使われている。小室
さん自身もそのことを認識しており、お金を出した男性にお礼を言い、後に返済要求を
断っていると報じられている。これでは、小室さん本人も無縁ではない。まず、この金
銭トラブルを完全解消することが不可欠だ」という。
第2は「小室さんの経済力」。
小室さんは現在、法律事務所で補助員をしている。週刊誌報道では年収250万円程度
という。八幡氏は続ける。
「内親王である眞子さまのご体面を保つには、結婚相手にもそれなりの収入と財産が必
要だ。現在の仕事を続けても、生活のメドは立たないのではないか。皇室との関係を目
当てに、素性の怪しい人間が近づいてくることも懸念される。宮内庁は、小室さんの能
力や経歴に応じた勤め先や住まいをあっせんすることも検討すべきだ」
第3は「皇室・宮内庁と小室家との信頼関係」。
「宮内庁が事前に、小室さんや周辺について、きちんとした『身体検査』をしておくべ
きだった。加えて、小室さん側も皇室や宮内庁に対し、金銭トラブルの実態や家庭の事
情を誠実に説明していなかった可能性がある。ご結婚延期となった背景に、信頼関係が
傷ついたことも考えられる」
今後、眞子さまと小室さんとのご結婚は、どうなるのか。


コメントしている評論家の八幡和郎が皇室問題に詳しいのかは疑問ですし、情報入手の

ための伝手があるとも思えないのですが、まあそれは置いておきましょう

別の報道によると小室さんは国際弁護士を目指している、と伝えられています。国際弁

護士という法曹資格は存在しませんので、日本以外の国の弁護士資格取得を目指してい

るのかもしれません

が、それなら手始めに日本で弁護士資格を取得して実務を磨く選択もあります。しかし、

司法試験に合格したとの報道もないので、先に行われた司法試験も受けていないのでし

ょう

小室さんの経歴の一部を記載しておきます

三菱東京UFJ銀行入行、丸の内支店配属
2016年夏、 同行を退職。理由は「国際弁護士になりたいから」
2016年から奥野総合法律事務所・外国法共同事業勤務、
2017年4月、一橋大学大学院にて国際企業戦略研究科経営法務専攻(夜学)へ

何をしたいのか不明であり、年収250万円程度で所帯を構えようとする心根が理解で

きません(秋篠宮家からお金が出るとでも思っていたのでしょうか?)

ともあれ、一橋の大学院で国際企業法務関連の勉強をしてからアメリカかどこかで弁護

士資格取得を目指すのであれば、実現まであと数年かかります

その間の費用(アメリカのロースクールは授業料も高額です)、生活費はとても法律補

助員の給与で賄えるものではないはずです

小室さんの母親はかつての婚約者から借りた金を、「贈与を受けたものだから返済する

必要はない」と主張しているのだとか

小室さんは法律補助員をしているのでこの種の訴訟の判例を熟知しており、裁判になっ

ても返済要求を退けられると自信を持っているのだろうと推測されます(その自信が金

銭問題を秋篠宮家に明かさなかった理由、とも考えられます)

しかし、法廷の場ではその理屈が通用しても、皇室相手には通用しません

そして上記の記事では触れていないものの、小室さんの母親が「大山ねずの命神示教会」

という新興宗教にはまっていると伝えられており、それも障害の1つでしょう

よくもまあ、こうした障害を看過してきたものだ、と呆れます

結婚延期なのか、このまま婚約解消なのか、経過を注目しましょう

(関連記事)
眞子さま結婚延期問題 婚約は破棄、撤回か?
http://05448081.at.webry.info/201803/article_27.html
眞子さま結婚延期問題 小室母の元婚約者を批判する記事
http://05448081.at.webry.info/201803/article_19.html
眞子様結婚延期問題 小室氏借金はどうする?
http://05448081.at.webry.info/201803/article_7.html
眞子様ご結婚の障害 小室母が皇室に金銭求める
http://05448081.at.webry.info/201802/article_17.html
秋篠宮家眞子さま婚約と女性宮家問題
http://05448081.at.webry.info/201705/article_16.html
「譲位特例法は天皇陛下の意思に背く」と主張する御学友ジャーナリスト
http://05448081.at.webry.info/201706/article_11.html
生前退位問題と皇室典範改正を考える
http://05448081.at.webry.info/201607/article_18.html
憲法に天皇退位の規定が欠けている問題
http://05448081.at.webry.info/201608/article_21.html
TBS特番「退位される前に韓国訪問を」発言で波紋
http://05448081.at.webry.info/201608/article_15.html
天皇陛下の生前退位報道を考える
http://05448081.at.webry.info/201607/article_16.html
女性宮家創設へ動く政府 皇室典範改正
http://05448081.at.webry.info/201112/article_3.html
韓国学者の無駄な「天皇制批判」
http://05448081.at.webry.info/201208/article_29.html
韓国大統領「天皇が謝罪するなら訪韓を認める」発言
http://05448081.at.webry.info/201208/article_18.html
韓国メディア 「天皇を処罰しなかったのが間違い」
http://05448081.at.webry.info/201208/article_35.html
日本の皇室に嫉妬する韓国
http://05448081.at.webry.info/201105/article_52.html
デヴィ夫人が皇太子廃嫡を呼びかける署名活動開始
http://05448081.at.webry.info/201111/article_25.html
愛子様不登校問題 デヴィ夫人の暴言
http://05448081.at.webry.info/201003/article_27.html
秋篠宮家眞子様、プライベート写真流出騒動
http://05448081.at.webry.info/201111/article_13.html
防衛相が宮中晩餐会欠席 民主議員のパーティに出席
http://05448081.at.webry.info/201111/article_28.html
ウィリアム王子挙式 伝統と格式
http://05448081.at.webry.info/201104/article_73.html
ウィリアム王子結婚式 「恥らいのない花嫁」とこき下ろすメディア
http://05448081.at.webry.info/201105/article_15.html

別冊歴史REAL天皇家の儀礼 (洋泉社MOOK 別冊歴史REAL)
洋泉社
2017-02-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 別冊歴史REAL天皇家の儀礼 (洋泉社MOOK 別冊歴史REAL) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

眞子様ご結婚延期を考える 夾竹桃日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる