夾竹桃日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 女児2人殺害の飯塚事件(1992年) 再審認めず

<<   作成日時 : 2018/02/06 18:52   >>

トラックバック 0 / コメント 0

昨日取り上げた飯塚事件で、福岡高等裁判所は再審請求を棄却した福岡地裁の判断

を支持する判決を下しています

飯塚事件で死刑判決の確定した久間三千年死刑囚は2008年、再審請求を準備し

ている中で死刑が執行されています

この事件はDNA鑑定が決め手とされたものの、後日その鑑定手法と久間死刑囚の

ものだとする鑑定結果に疑念が生じ、冤罪ではないかとの見方も浮上していました

ただ、状況証拠的には久間死刑囚の事件への関与が濃厚であり、再審請求が通るか

どうか、注目されていました


福岡県飯塚市で1992年、女児2人が殺害された「飯塚事件」で殺人罪などに問
われ2008年に死刑が執行された久間三千年(くま・みちとし)・元死刑囚(執
行時70歳)の再審請求即時抗告審で、福岡高裁=岡田信(まこと)裁判長=は6
日、請求を棄却した福岡地裁決定(14年3月)を支持し、弁護側の即時抗告を棄
却した。
死刑執行後に再審開始決定が出た例はなく、福岡高裁の判断が注目されていた。弁
護側は決定を不服として最高裁に特別抗告する方針。
事件への関与を示す直接証拠はなく、久間元死刑囚は一貫して無実を主張していた。
しかし06年に確定した判決は、女児の遺体から採取された血液から久間元死刑囚
と同じDNA型と血液型が検出された▽久間元死刑囚の車と同じ特徴の車が女児の
遺留品発見現場で目撃された−−などの状況証拠から有罪を認定。弁護団が再審請
求の準備中だった08年10月に死刑が執行され、久間元死刑囚の妻が09年10
月に再審請求した。
再審請求審ではDNA型鑑定の信用性が大きな争点となった。弁護側は、警察庁科
学警察研究所が実施した「MCT118型」鑑定に使われたネガフィルムの解析結
果から「検出されたのは久間元死刑囚とは違う真犯人のDNA型で、鑑定結果は改
ざんされていた」と主張。14年3月の福岡地裁決定は「MCT118型鑑定を直
ちに有罪認定の根拠にはできない」としてDNA型鑑定の証拠能力の弱さを認めな
がら「車の目撃証言などその他の状況証拠を総合考慮すれば確定判決に合理的疑い
は生じない」として再審請求を退けた。
即時抗告審では状況証拠の一つとされた目撃証言の信用性が大きな争点となった。
弁護側は、現場の走行実験結果から「カーブが連続する下り坂で車の特徴を詳細に
把握することは不可能」と指摘。事前に久間元死刑囚の車の特徴を把握した警察官
によって証言が誘導されたと主張していた。
検察側は「目撃証言は自然かつ合理的で警察官による誘導はない。DNA型鑑定も
改ざんはなく、血液型鑑定は久間元死刑囚と符合していて有罪認定は揺るがない」
と反論していた。
(毎日新聞の記事から引用)

さて、昨日のブログで書いた1988年の少女行方不明事件にあらためて言及しま

しょう

以下はWikipediaの飯塚事件の項より引用です


1988年12月4日、本件被害者と同じ小学校で1年生の松野愛子ちゃん(当時7歳)
が、弟の友人である久間の息子を訪ねて久間宅に遊びに行った後、愛子ちゃん1人
で遊びに出かけ、工事現場のブロック塀に乗り1人で居るところを目撃されたのを
最後に、行方がわからなくなる事件が発生していた。
福岡県警は1994年の久間逮捕後に愛子ちゃんの再捜索を行った。当初、福岡県警
は「発生当時の捜索でやや不十分だった場所をあらためて捜しただけ」と説明した
が、捜索開始後わずか25分で愛子ちゃんの衣類が見つかった手際の良さに訝る声
も出た。
また、発見された衣服は長い間風雨にさらされた跡がなく、比較的傷みが少ない
状態だったという。愛子ちゃんの祖父は、「捜索後に(だれかによって)捨てら
れたのだろうか」と語った。後日、逮捕後の久間がポリグラフで反応した山林一
帯を捜索した結果、女児のジャンパーとトレーナーが発見された旨報道された。
久間は事件当日に女児と会っていた事は認めていたが、関与については全面否定
していた。その後進展なく1995年2月18日、捜索は打ち切られ、現在も未解決で
ある。


愛子ちゃんの衣類発見は明らかに不自然であり、福岡県警が久間死刑囚を自白に追

い込む狙いで、証拠となる衣類を「発見した」かのように装い、揺さぶりをかけた

ものと推測されます

しかし、それでも久間死刑囚は事件への関与を認めなかったため、福岡県警の目論

見みは外れ、立件に至らなかったのでしょう

久間死刑囚を自白に追い込むとの1点に執着しすぎて、他の捜査を十分に尽くした

のか疑問です(山狩りをするとか、捜索に尽力したと言うのでしょうが)

死刑が執行されても未解決の事件が残されている以上、何とも救いようがない展開

であり、嫌な感触だけが残ります

(関連記事)
女児2人殺害の飯塚事件(1992年)再審なるか?
http://05448081.at.webry.info/201802/article_4.html
千葉ベトナム女児殺害を考える 渋谷容疑者に前科あり
http://05448081.at.webry.info/201704/article_12.html
千葉ベトナム女児殺害を考える PTA会長を逮捕
http://05448081.at.webry.info/201704/article_11.html
千葉ベトナム女児殺害を考える 目撃証言なし
http://05448081.at.webry.info/201704/article_8.html
千葉ベトナム女児殺害を考える 元刑事の推理
http://05448081.at.webry.info/201704/article_4.html
千葉ベトナム女児殺害を考える 不審人物の映像
http://05448081.at.webry.info/201704/article_1.html
千葉ベトナム女児殺害事件を考える 全裸で遺棄
http://05448081.at.webry.info/201703/article_26.html
神戸小1女児不明事件 死刑判決
http://05448081.at.webry.info/201603/article_16.html
神戸小1女児不明事件 容疑者逮捕
http://05448081.at.webry.info/201409/article_17.html
今市女児殺害事件 勝又被告に無期懲役判決
http://05448081.at.webry.info/201604/article_9.html
今市女児殺害事件 犯行を示唆する手紙
http://05448081.at.webry.info/201603/article_2.html
今市女児殺害事件 「物色中に偶然見つけた」
http://05448081.at.webry.info/201406/article_5.html
今市女児殺害事件 犯行を自供した男
http://05448081.at.webry.info/201404/article_19.html
福岡女児遺棄事件を考える5 無期懲役判決
http://05448081.at.webry.info/201610/article_2.html
福岡女児遺棄事件を考える4 公判でも殺意を否認
http://05448081.at.webry.info/201609/article_16.html
筋弛緩剤事件 仙台高裁が再審請求棄却
http://05448081.at.webry.info/201803/article_12.html


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

女児2人殺害の飯塚事件(1992年) 再審認めず 夾竹桃日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる