夾竹桃日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国アニメと日本アニメ 絶対に越えられない壁

<<   作成日時 : 2018/07/09 08:19   >>

トラックバック 0 / コメント 0

中国のサッカーが世界に及ばない現状を嘆き、アニメの「キャプテン翼」のような作品が

ないからだと、半ばやけ気味な見識を先日、取り上げました

中国アニメに「スポ根もの」は存在するのですが、友情と勝利は描くものの、そこへ至る

までの葛藤や挫折といった深みのあるドラマが欠けているのかもしれません

さて、サーチナの配信記事で、中国産アニメと日本アニメとの間にある「絶対に越えられ

ない壁」という指摘がありましたので取り上げます

中国アニメの主たる目的は「垂訓」であり、こどもたちに訓戒を垂れる内容であれ、と中

国政府は要求しています。つまり道徳的な内容が求められるわけです

しかし、この思想的な縛りこそが中国アニメをつまらないものにしている、と中国メディ

ア東方網は指摘します


中国アニメと日本アニメの間に存在する「絶対に越えられない壁」
中国メディア・東方網は10日、「国産アニメと日本アニメの間にある、本当の差はどこ
にあるのか」とする記事を掲載した。
記事は、中国アニメと日本アニメの間にある差について、3つの点を挙げて論じた。まず
1つ目として、「中国人の多くが、補助金を目当てにアニメに従事しており、プロ精神や
アニメに対する愛情が不足している点」を挙げている。
2つ目は、思想の問題だ。「中国はこれまで保守的な思想を守り続けてきた。この思想は
必然的に限界性や思考上の盲点を作ることになる」と指摘し、この保守的思想を改めるに
は、今から全力で変えようとしても100年、200年はかかるのではないかとした。
そして3つ目は、政治に関するテーマを自由に扱えない点である。「国の神経を刺激する
ようないかなるテーマも、われわれは根本的に作品の中で表現することができない。社会
を風刺することなど、なおのことできないのである」と論じた。さらに、「アニメ作品は
さておき、ネット上のコメントすら特定の言葉が遮断されるのだから、救いようがない」
とまで指弾している。
記事は、「上述した3つの点は、実際は中国のアニメ産業だけの問題ではなく、中国のソ
フトパワー全体のボトルネックになっている。わが国が唯一得意なのは古代文化しかなく、
それゆえアニメ産業もみんな仙人だの妖怪だの武侠などばかり。武侠小説や西遊記を何度
も何度も繰り返して題材にするのは、本当につまらないと思わないか」と結んだ。


なかなか辛辣な指摘です。ことに中国では、習近平による思想統制強化の動きが顕著であ

り、アニメなどの事前検閲をより厳しくするとの報道もあります

つまり、より中国共産党の思想に適う内容を求められ、社会批判や政治風刺などは厳禁扱

いになるのでしょう

最近の中国アニメは画風がきれいになり、登場人物はみな美男美女ばかり…です

それがよいのか悪いのかはともかく、幼児向けの動物主人公アニメではなく、青少年の嗜

好に応じ、萌えとときめきを与えようとしているのは確かです

が、少年少女の恋愛を直接描けば、政府から「風俗を紊乱させる不道徳なアニメ」と糾弾

されるので、匙加減が難しいところです

失言大臣と揶揄される麻生太郎財務大臣ですが、かつては「思想の自由のない中国に、面

白いアニメや漫画は作れない」と指摘していました。その通りでしょう

さて、そんな青少年の恋愛禁止という縛りの中で、萌え要素を強調しつつスポ根路線を目

指そうとするアニメを紹介します

フェンシングで活躍する少年少女を描く学園もの、「CMFU学園――フェンシング紳士」

です。手っ取り早く言えば「テニスの王子様」を、男女混合のフェンシング部に置き換え

た内容、と申し上げておきましょう

「CMFU学園――フェンシング紳士」


ちなみに中国では日本の高校のような制服は一般的ではなく、ジャージ着用が当たり前とさ

れます。授業は夜6時や7時まで及ぶのも珍しくはなく、スポーツ系の部活動はないに等し

いのだとか。体操や陸上など、スポーツエリート養成の学校が別に存在し、そこで英才教育

を受けてオリンピック代表を目指す…という流れです

なので、この「CMFU学園」の設定は、日本の高校をモデルにしていると言えます

中国の視聴者にすれば、「華やかな美少女に囲まれた、あり得ない青春物語」に映るのかも

しれません

こうした学園ものが幅をきかせるようになるなら、中国アニメも変わるのではないかと期待

されますが、政府は決して許さないのでしょう

(関連記事)
中国サッカー劣るのは漫画「キャプテン翼」がないから
http://05448081.at.webry.info/201807/article_1.html
中国メディア 「キャプテン翼」から見る日本のスポーツ文化
http://05448081.at.webry.info/201208/article_14.html
「日本アニメを怯える習近平政権」と書く産経新聞
http://05448081.at.webry.info/201605/article_1.html
「教訓」重視の中国アニメ ストーリーは後回し
http://05448081.at.webry.info/201105/article_75.html
文化強国目指す中国 実態はコンテンツの墓場
http://05448081.at.webry.info/201712/article_1.html
中国アニメの逆襲 「一人之下」が日本で放映され話題に?
http://05448081.at.webry.info/201612/article_12.html
中国アニメ「一人之下」 日本でウケず自虐する中国人
http://05448081.at.webry.info/201712/article_11.html
成功を焦る中国アニメ 世界的なヒット作はなく
http://05448081.at.webry.info/201306/article_4.html
「中国アニメは日本に追いついたか?」と書く中国メディア
http://05448081.at.webry.info/201702/article_18.html
中国原作アニメが続々登場 日本アニメの危機?
http://05448081.at.webry.info/201701/article_3.html
中国紙「中国アニメは日本のアニメに立ち向かえるのか?」
http://05448081.at.webry.info/201611/article_15.html
中国メディアの陳腐な論評「日本アニメ、人気の秘密は民族文化」
http://05448081.at.webry.info/201211/article_12.html
中国アニメ 美少女も結局日本風に
http://05448081.at.webry.info/201202/article_41.html
「名探偵コナン」の人気を読み誤る中国メディア
http://05448081.at.webry.info/201306/article_9.html
中国メディア「日本アニメとの差は開いている」
http://05448081.at.webry.info/201803/article_18.html
「日本アニメが中国製に負ける日」と書く陳腐なコラム
http://05448081.at.webry.info/201802/article_24.html
中国アニメは独り立ち「日本を超えた」との声
http://05448081.at.webry.info/201802/article_12.html


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

中国アニメと日本アニメ 絶対に越えられない壁 夾竹桃日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる