小説「夜が終わる場所」

大阪市西淀川区の小学4年松本聖香さんが殺害された事件(死因は病死かもしれま

せんが、事実上は殺されたも同然です)についての報道が続いています

事件の詳細はこれから明らかにされるのでしょう

学校関係、近隣の人たちなど、虐待が行われている可能性に気がついていたようで

すが、結果として彼女の死を食い止められませんでした。それを責めるのは酷なのだ

ろうと思います

ですが、「仕方がなかった」とか、「不運だった」で済ますべきでもありません

関係者は常に「最悪に事態」を想定し、親とも対決する姿勢で臨まなければ人の命は

救えないからです

今回はアメリカのサスペンス小説「夜が終わる場所」を取り上げます。作者であるクレ

イグ・ホールデンについては何も知りません。読んだことのある作品はこれだけです

ネタバレを防ぐため細かな説明は省きますが、こどもの失踪事件とそれを追う警察官

の物語です

こどもへの虐待が新たな虐待を引き起こすという負の連鎖と、それに立ち向かおうと

する人々を描いています

重苦しい展開が続きますが、最後には少しだけ希望が見えた気がします

絶望的な状況にあっても諦めず、闘い続けようとする意志。それこそが希望です

(関連記事)
暴力夫に尽くす妻 共依存
http://05448081.at.webry.info/200904/article_46.html
こどもの虐待死 刑罰が軽すぎる
http://05448081.at.webry.info/200912/article_14.html
西淀川虐待死事件 母親に懲役8年6月の判決
http://05448081.at.webry.info/201007/article_43.html
西淀川虐待死事件 内夫に懲役12年の判決
http://05448081.at.webry.info/201008/article_4.html

夜が終わる場所 (扶桑社ミステリー)
扶桑社
クレイグ ホールデン

ユーザレビュー:
最低の翻訳者興味深い ...
後半一気に盛り上がる ...
男臭い本最初の方は普 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ