和歌山毒入りカレー事件判決 その後

判決に関して書かれたいくつかのブログを読みましたが、誤解している人がいるようなので書き足しま
判決後、テレビのニュース番組では大学で法律を学ぶ学生をつかまえて、「状況証拠だけで死刑判決を出すことについて賛成か、反対か」と質問をしていました
この質問自体、「和歌山毒入りカレー事件は状況証拠しかないのに死刑判決を出した」との前提に立ったものです
法律を学んでいる学生といえども、この事件の裁判の細部まで熟知しているわけではありませんから、こうした誘導尋問にひっかかるのは無理もありません
この裁判が「状況証拠だけで死刑」という報道はかなり強引なこじつけです
法律専門家の中にも、林宅内で見つかったプラスチック容器内のヒ素とカレーに混入されたヒ素が同一のものであるとする「証拠」を重視し、判決を妥当とする意見があります


「状況証拠だけで物的証拠はない」との報道を鵜呑みにするのは早計にすぎます
また、「疑わしきは被告人の利益に」という法理を過大視している人もいるわけですが、これも犯人だと推定できる合理的な理由・根拠があれば有罪判決を下せるわけですし、現にそうした判決もあります
つまり、「疑わしきは被告人の利益に」という法理は、「一片でも疑いの余地があるなら無罪にすべき」だとするルールではないのです
以下のブログのように死刑反対の立場から、「一片でも疑いの余地があるなら無罪」だと決めつけていたりもしますが


もし林真須美被告が無罪だというなら、一審の裁判で黙秘を貫いたのはなぜでしょうか?
無罪だと主張するなら、法廷の場でこそ積極的に自分の無罪を主張すべきだったのでは?
検察側がどのような立証をするのか、それを見極めない限り迂闊には何も言えないと判断したためではないのでしょうか
当然、弁護人は黙秘をするリスクについても説明したはずですし、「積極的に反論し、無実と主張すべきだ」と説得したはずです

(関連記事)
和歌山カレー事件再審請求 大阪高裁も棄却
和歌山カレー事件 「20年目の真実」と称する幻想譚
https://05448081.at.webry.info/201909/article_21.html
和歌山カレー事件 林死刑囚に動機はないのか?
林眞須美死刑囚の長男が語る「家族」
和歌山毒カレー事件 再審請求を棄却
林眞須美死刑囚長男インタビュー
和歌山カレー事件を冤罪と決め付けるメディア
和歌山毒カレー事件 林真須美冤罪説への疑問
毒入りカレー林真須美の息子と淫行事件
和歌山毒入りカレー事件の判決を聞いて
毒入りカレー事件被告を悲劇のヒロインにする「週刊金曜日」
和歌山カレー事件林真須美を支援する人たち
毒入りカレー事件 林真須美の再審請求
和歌山毒入りカレー事件から15年
舞鶴女子高生殺害事件を考える1 死刑の求刑
舞鶴女子高生殺害事件を考える2 被害者との接点
死刑囚からの手紙 月刊「創」の記事を考える1
死刑囚からの手紙 月刊「創」の記事を考える2
死刑囚からの手紙 月刊「創」の記事を考える3


林真須美の謎―ヒ素カレー・高額保険金詐取事件を追って
ネスコ
週刊文春特別取材班

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ