2004年カンヌ 映画「イノセンス」の話

2004年のカンヌ映画祭に押井守監督の映画「イノセンス」が参加しました
アニメーション作品がカンヌ映画祭のコンペに参加すること自体珍しいのですが、残念ながらアニメーションに対する偏見をもろに浴びてしまい、受賞はなりませんでした
審査委員長は押井ファンとして有名なタランティーノでしたが、他の審査員(女優)2名が「人間が演技をしていないアニメーションに賞を与えるのはおかしい」と猛反対したそうです
いまさらながらその女優さん2名の見解に疑問が湧きます
アニメーション作品のファンでなくても、吹き替えをする声優さんの見事な芝居に感服した経験はあると思います
また、画面に描かれた人あるいは物(「イノセンス」の場合は人形ですが)に演技をさせるという大変に高度なテクニックを用いています
人間が演技していないから評価できない、とは「演技もまともにできない大根役者の嫉妬か」などと勘繰りたくもなりますが(暴言です)
一回の試写を見て作品を審査するというシステムは映画祭の仕組みとして仕方のないところですが、「イノセンス」のような作品は理解するのが難しく、審査員もいったいどんな物語なのか困惑したまま試写が終わってしまうのでしょう
「商業作品なのだから、一回見て客に理解できるものを作るべきだ」という意見あります。一方、何度でも繰り返し鑑賞にたえる作品を求める視聴者の要求もあります。すべてがハリウッド式の演出、単純な勧善懲悪ストーリーである必要はないはずです
難解と言われてしまいがちですが、繰り返し鑑賞して味わう楽しみを与えてくれる映画だと自分は思っています。ちなみに自分は映画館で5回観ました
映画「イノセンス」については以下のような批評もあります

自分の作品評は後日、書きます

(関連記事)
パクリか 攻殻機動隊そっくりのミュージックビデオ
映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」大コケで1億ドル損失?
「攻殻機動隊」新シリーズ起動
攻殻機動隊のパクリ 韓国アニメ「GunChest」
映画「イノセンス」について 2
攻殻機動隊「ソリッド・ステート・ソサイエティ」
実写版映画「AKIRA」実現へ
Newsweek誌の映画評「インセプション」
市川海老蔵主演「一命」カンヌ参加で飛び交う憶測
「萌の朱雀」
祝 河瀬直美監督 カンヌ映画祭カロスドール受賞
長い夢の終わり 映画「ユリシーズの瞳」
カンヌ映画祭 北野監督作品は賛否両論
カンヌ映画祭 各国メディアの熱い期待
カンヌ映画祭 タイ映画が初の栄冠
カンヌ審査員賞 是枝監督「そして父になる」
カンヌ映画祭(2015) 日本映画の評価は
是枝監督のパルムドール受賞を羨む中国


イノセンス スタンダード版 [DVD]
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
2004-09-15

ユーザレビュー:
「攻殻~」に引き続き ...
素晴らしい世界観☆2 ...
難解哲学的なセリフが ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ