映画「耳をすませば」

スタジオジブリの作品で、監督は近藤喜文です

しかし脚本・絵コンテ・制作プロデューサーが宮崎駿になっていますので、どこ

まで監督が采配をふるえたのか分かりません

大御所の意見を無視して監督が独自のカラーを出せたのかどうか?

そんな楽屋内の話はともかく、作品について語りたいと思います

しかし、好んで見る割に語りにくい一本です

中学生の恋愛という、見ているこちらが赤面するようなテーマを真正面から取

り上げた作品です

危なっかしくて、一途で、不器用で、真剣な生き様を見せつけられると「ギャ」と

叫びたくなってしまいます

自分が中学生のとき、月島雫や天沢聖司ほど真剣に懸命に日々を生きていた

という自覚はありません。不平不満をこぼしつつだらだらと生きていたような気

がします

それだけに映画の中の少年少女がまぶしく見えてしまい、気恥ずかしさに襲わ

れてしまうのです

青春を無駄に過ごした者の後悔・・・でしょうか?

たまには過去を振り返り、茫漠とした思いにふけるのもよいかもしれません

戦争やロボット活劇だけが日本のアニメーションではないと提示できる一本だ

と思いますが、皆さんはどう思いますか?

(関連記事)
正統派恋愛映画の王道「ハナミズキ」大ヒット
http://05448081.at.webry.info/201008/article_57.html
アニメーション「君に届け」を見た海外の反応
http://05448081.at.webry.info/201009/article_111.html
映画「君に届け」は少女漫画そのままとの批評
http://05448081.at.webry.info/201009/article_140.html
ドキュメンタリー「ジブリ 創作のヒミツ」
http://05448081.at.webry.info/201008/article_48.html
ジブリの新作は「紅の豚」続編という噂で騒動に
http://05448081.at.webry.info/201011/article_18.html
ジブリの新作は「コクリコ坂から」に決定
http://05448081.at.webry.info/201012/article_37.html
劇場版「文学少女」を見て
http://05448081.at.webry.info/201106/article_26.html
宮崎駿「慰安婦で日本は謝罪すべき」発言で物議
http://05448081.at.webry.info/201307/article_23.html
「風立ちぬ」を褒める岡田斗司夫
http://05448081.at.webry.info/201307/article_24.html

耳をすませば [DVD]
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
2002-05-24

ユーザレビュー:
アニメーションでしか ...
これは宮崎アニメでは ...
この作品までがピーク ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ