京都教大集団強姦事件を考える 7

インターネットに被害者を中傷する書き込みをしたため大学側から処分を受けた京都教大のアメフト部の学生が、処分の翌日に再び被害者を中傷する書き込みをしていたと報道されています


「教育的配慮を優先する」と宣言した京都教大ですが、その配慮を学生の方はさっぱり理解していないようです
結局、学生の側は己の主張を正当なものだと思い込んでおり、世間の批判に耳を傾けるつもりは皆無なのでしょう
しかし、逮捕された6人の学生を擁護する発言なら理解できますが、被害者を中傷する方へ走るのは問題です。被害者を貶めたところで6人の学生の名誉が回復されるわけはありません
「自分は正しい。間違ったことはしていない」との思い込みが、ますますズレた方向へ駆り立てているようです
今回逮捕された6人の学生たちも、「自分は間違ってことはしていない」と思っているなら教育的配慮など何の効果ももたらさないでしょう

(関連記事)
京都教大集団強姦事件を考える
京都教育大集団強姦事件を考える 3
京都教大集団強姦事件を考える 4
京都教大集団強姦事件を考える 5
京都教大集団強姦事件を考える 6
京都教大集団強姦事件を考える 8
京都教育大学長辞任 遅すぎる決断
京都教育大集団強姦事件 弁護士の抗議でブログ削除されました
同志社大アメフト部 強姦容疑で4人逮捕
「飲酒運転なう!」と書き込んだ東大生 炎上騒動
柔道金メダリスト内柴正人 セクハラで大学を懲戒解雇
小樽商科大コンパ 未成年者飲酒で意識不明
小樽商大飲酒事故 いまさら構内での飲酒禁止
大商大拳法部 全裸シゴキで主将ら3人逮捕
大商大拳法部 全裸シゴキ事件で主将ら退学処分
泥酔させた女子大生に淫行した東大生 5人逮捕も起訴は3人
東大生集団淫行事件を考える 米スタンフォード大の事例
アメフト日大問題 日大に危機管理学部って?
アメフト日大問題 故意の反則は監督の指示