日韓アニメ・マンガ市場の比較

2007年のデジタルコンテンツ白書によれば、わが国のアニメーションの市場は2584億円と前年の2205億円から17%増加しています
マンガ市場の方はコミックや月刊誌併せて6200億円とされています
ゲーム産業では国内のソフトウェア市場が3113億円、ハードウェア市場が2420億円、輸出も含めたゲーム産業の売り上げは1兆6323億円に達します
国立メディアセンターを巡っては、「ハコモノだから無駄」とか、「国立マンガ喫茶など不要」との意見がありますが、文化政策あるいは産業振興の視点に立った議論がされないのが残念でなりません
この先10年、15年の文化政策をどうするのか、コンテンツ産業をどう育むのか、という視点から政治家も国民も議論してもらいたいと思います
さて、韓国の文化コンテンツ振興院が2007年の統計を出しましたので、日韓の比較をしておきます

         日本     韓国
マンガ市場  6200億円    570億円
アニメ市場   2584億円    230億円
ゲーム市場  3113億円     ?
(ソフト)

統計の数字はソースによって異なります
別な資料ではもっと数字が大きくなっていますので、目安として考えてください。それでも韓国政府機関の出した統計なので根拠がある数値だろうと思いますが

(関連記事)
縦読み漫画 ウェブトーンは流行るのか?
韓国漫画「エスパーマン」はスーパーマンをトレースと露見
「ウェブ漫画の元祖は韓国」であり「文化強国」だと主張
高校漫画大会で優勝の韓国「日本の鼻をへし折った」
朴大統領「韓流漫画の海外進出を支援」
「韓国デジタル・マンファが急成長」と報じるメディア
マンファを売り込もうとする韓国
文化とは輸出して儲けること 韓国メディア
マンガ強国をあきらめきれない韓国
ビジュアル系から思う日本文化の競争力
文化観の違い パリ・ジャパンエキスポを巡って
韓国人がNYで見た「日本が世界に通用する理由」
スペインの日本オタクたち
韓国マンガ 自称100年の歴史
フランスで「第11回JAPAN EXPO」始まる
韓国のパクリアニメーション「テコンV」
日本文化は金にならないと批判する中国メディア
中国アニメ産業の悩み 実はまったく儲からない
中国アニメ業界のジレンマ 就職先がない
コミックマーケットに見る日本の底力
「韓国ドラマやゲームが世界を魅了」と夢想する韓国メディア
「ジャパンはクールじゃない…海外の本音」の本音
古谷経衡「クールジャパンの嘘」の嘘