北朝鮮製ミサイル発射失敗 市場に落下

共同通信の報道によれば、シリア国内で北朝鮮とシリア・イランが共同開発した

新型スカッドミサイルの発射実験が失敗し、多くの死傷者が出たとの話です
http://www.47news.jp/CN/200908/CN2009081401000737.html

失敗の原因がどこにあるのかは不明ですが、決して広くはないシリア国内でこの

ような実験をする無謀さに呆れます

ミサイルが予定していたコースを外れ、人口密集地に落下する危険を考慮しない

のですから

今回の失敗だけから、「北朝鮮のミサイルなんて」と見下すのは早計です。むしろ

イランやシリアをパートナーにして開発を続けている実態に注目すべきでしょう

北朝鮮への制裁を強化しても、シリアやイランでミサイルの発射実験を繰り返し、

大量破壊兵器の増強を進めているのですから

北朝鮮にしろシリアにしろ、ミサイルの開発を進めるより国民の暮らしの向上にこ

そ国力を振り向けるべきですが、政府にそのつもりはないようです