よしもとばなな 居酒屋で咆える

作家よしもとばななが居酒屋チェーン店にワインの持ち込みをしたら店長に叱ら

れ、その挙句、逆恨みした文を書いて騒動になっています
http://www.enpitu.ne.jp/usr6/bin/day?id=60769&pg=20090808

あちこちの掲示板やブログで取り上げられていますので、興味のある方は検索

してください

突っ込みどころはいろいろあるのですが、「もしも店長がもうちょっと頭がよかっ

たら、私たちのちょっと異様な年齢層やルックスや話し方を見てすぐに、みなが

それぞれの仕事のうえでかなりの人脈を持っているということがわかるはずだ」

との書き方に彼女の慢心が如実に現れています

要するに自分たちを特別扱いしろ、とよしもとばななは言いたいのでしょう

そんなセレブ気取りのよしもとばななと特別な友人たちが、なぜ居酒屋チェーン

など利用するのか、疑問です

客のわがままを聞いてくれる特別な店で宴会をすればよいのですから。「かなり

の人脈をもっている」よしもとばななであれば可能でしょう

店長個人を見下すような文を書くのも恥の上塗りですが、そうした自覚もないと

思われます

ましてや経営問題がどうのこうのとすりかえ、自分たちの行為を棚上げするに至

っては笑う気にさえなれません

「お客様は神様だ」というフレーズが流行り、あたかも商売の金科玉条のごとく取

り上げられた時期がありました

この「お客様は神様だ」という意識が日本の消費者を堕落させたのでしょう

客は神様などではありません。客も店主も対等な立場であるべきで、どちらが上

などという話ではないはずです

「客だからどのようなわがままを言っても許されるはず」との思い違いがよしもと

ばななのような人間を生み出したのでしょう