過剰なまでに押尾学を演じる押尾語録

押尾学が逮捕されました

以前からその発言が何かと話題になり、2ちゃんねるでも度々取り上げられてネタ

扱いされてきましたが、改めて押尾語録に目を通すとこの人物の人となりが如実に

反映されていると感じます

インターネット上に幾つものも「押尾語録」のまとめサイトも存在するのですが、まだ

読んでいないという方もおられるでしょうから、いくつか押尾発言を紹介しておきます



「俺を越えてみろ、俺を愛してみろ」
最初から強烈ですが

「俺、昔、東大受かったんですよ。でも日本の大学なんてウゼーと思って...」
自身の経歴に関して怪しい発言が多いという特徴が見られます

「宇梶さん、エンペラーっすよね~。おれは K 連合の総長だったんすよ~。後輩は
渋谷・新宿・世田谷なんかに 5 ~ 600 人はいますね~。今でも街歩いてると見知ら
ぬ不良から挨拶されますよ~。」
東映Vシネマで暴走族の役を演じた頃から突然、自分は元暴走族だったと言い始め
たようです

「『何故俺はロックなのか?』それは俺がロックだったからさ」
ロックな生き様で麻薬をやるのでしょうか

「ハートで勝負するなら、俺の生き方はロイヤルストレートフラッシュ」
意味不明です

「甘いのは坂口憲二じゃない。キウイだろ」
まめにコマーシャルも見ているんですね

「ケンカも恋も唄も、やればやるほどうまくなる」
薬のやりすぎは危険です

「TSUTAYAには、もっと俺のCDが置かれていいはずだ」
案外と細かいですね

「背中に翼のタトゥーを彫ろうとしたけどやめた。翼なんてもう持ってるんだよ」
一般的に考えるなら刺青(タトゥー)を入れるのは身体へのコンプレックスの現れです

「俺はカップラーメンを2分しか待たない」
3分待てよ、とお約束の突っ込みを

「ソルトレイクシティーと反町隆史は似ている。どっちもリスペクト」
ライバル視していると思いきや

「一人の時は、一匹狼。二人きりの時は、もっと狼だ」
そうやって共演する女優を片っ端からくどいたのでしょうか

「ドラマの役よりも押尾学というヒーローを演じたい。演じる必要なんてないけどな」
ドラマで共演する女優に必ず手を出すと噂されてました。だから押尾との共演に難色
を示すプロダクションもあったわけで

「人生に必要なものは3つある。愛と友情だ」
えぇー?

「もし生まれ代わりがあるんなら、何度でも押尾学として生まれたい」
そうですか(棒読み)


もっと押尾語録が読みたいという方は以下のサイトへどうぞ
http://members.at.infoseek.co.jp/karl_V/oshio.html

(関連記事)
押尾学事件の不明朗さ
http://05448081.at.webry.info/200908/article_20.html
押尾学「謝罪したいが禁じられている」発言
http://05448081.at.webry.info/200910/article_1.html
押尾学、女性の死亡について立件されるか
http://05448081.at.webry.info/200910/article_11.html
押尾被告と高相被告 その違い
http://05448081.at.webry.info/200910/article_43.html
押尾学に判決 形式的な裁判
http://05448081.at.webry.info/200911/article_5.html
森元首相の息子 飲酒運転で事故
http://05448081.at.webry.info/201008/article_17.html
森元首相長男逮捕で大慌てするピーチ・ジョン野口美佳社長
http://05448081.at.webry.info/201008/article_30.html
「まるで平家の落人」 押尾学控訴審に母親出廷
http://05448081.at.webry.info/201103/article_47.html