酒井法子は覚醒剤をやめられるか

酒井法子の初公判について、産経新聞のウェッブサイトが特集を組んでいます
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/trial/317076/

覚醒剤使用の事実について弁護側は争うつもりはなく、検察は懲役1年六月を求刑

しました

あとは裁判所が情状を汲んで執行猶予付き判決を出すと思われます

しかし、酒井法子の覚醒剤使用歴は長く、その使用回数もかなりのもので常習者と

呼んで差し支えないでしょう

実刑を免れ刑務所行きにならなかったとして、酒井法子は覚醒剤をやめられるのか、

気になるところです

夫の高相被告は裁判で、奄美大島での覚醒剤使用についてはたまたま拾ったから、

と主張していました。そんなに都合よく覚醒剤が落ちているとは思えません

覚醒剤使用者の特徴として、入手ルートをなかなか明かそうとはしないところがあり

す。密売人への義理立てというより、密売人を逮捕させてしまったら今後、覚醒剤が

手に入りにくくなってしまうとの思惑によるものです

口では「もう覚醒剤には手を出しません」と言いつつ、その入手ルートだけは確保し

ておきたいという勝手な考えが見て取れます

酒井法子とその夫も覚醒剤の入手ルートをすべて自供したわけではなく、隠している

ようです。それは再び覚醒剤を手に入れるためだ、と指摘しておきましょう

酒井法子と夫をめぐる人間関係については週刊誌等がいろいろ取り上げました。同

じように覚醒剤を使用している仲間の存在がほのめかされています

今回逮捕されていないそうした覚醒剤仲間と手を切らない限り、更生などできるもの

ではありません

法廷で酒井法子は夫との離婚について言及していますが、これが本当なのか、ある

いは裁判で情状酌量を得るための偽装なのかは分かりません

離婚しても元夫経由で覚醒剤を入手することは可能ですから、離婚が覚醒剤と絶縁

するための決め手にはならないと考えられます

言うまでもなく、覚醒剤に手を出した人間で二度も三度も逮捕される例は山ほどあり、

ボロボロの人生を歩む結果になるのを我々は知っています

ですが当人たちはさほどの危機感もなく、「その気になればいつでもクスリは止めら

れる。たまたま手に入ったから使っただけ」などと気楽な言い訳を口にします。危機

的状況にあると直視したくないからでもありますが

さて、酒井法子の今後はどうなるのでしょうか?

これまでにも酒井法子の覚醒剤事件について当ブログでは取り上げましたが、事態

はすっきりした解決の方向へと進んでいるようには見えません
(関連記事)
酒井法子に逮捕状
http://05448081.at.webry.info/200908/article_12.html
酒井法子はなぜ逃げ続けるのか?
http://05448081.at.webry.info/200908/article_13.html
酒井法子逮捕で会見した事務所社長
http://05448081.at.webry.info/200908/article_16.html
酒井法子容疑者起訴を考える
http://05448081.at.webry.info/200908/article_38.html
酒井法子 更生施設に入らず自力で薬物から立ち直る方針
http://05448081.at.webry.info/200909/article_8.html
酒井法子は覚醒剤をやめられるか
http://05448081.at.webry.info/200910/article_45.html
酒井法子の告白本 まったく売れず
http://05448081.at.webry.info/201012/article_46.html
酒井法子事件をモデルにした映画「刹那」公開
http://05448081.at.webry.info/201012/article_65.html
酒井法子の元夫、高相祐一 今度は実刑判決か
http://05448081.at.webry.info/201702/article_13.html
酒井法子隠された素顔
イースト・プレス
梨元 勝

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ