夾竹桃日記

アクセスカウンタ

zoom RSS こどもに奇抜な名前をつけたがる親の言い分

<<   作成日時 : 2009/11/11 16:29   >>

トラックバック 0 / コメント 0

前にもこどもに変わった名前をつけたがる親の話を取り上げました
http://05448081.at.webry.info/200905/article_27.html

まともに読めないこどもの名前の紹介が中心でしたが、今回は親の側の言い分を

取り上げます

アメーバニュースで「なぜ親は子供に「変な名前」をつけるのか?」という記事を掲

載しています
http://news.ameba.jp/oshiete/2009/11/49516.html

親の言い分としては以下のような意見が挙がっています


「我が子の個性と言いながら周りから『珍しい』と注目されたいんでしょうね。よくあ
る名前なんてダサイ、みたいな」

「高度成長期の親は「健康に育つ:健太」「幸せになる:幸子」でした…現代は健康
や幸福なんて当たりになっていて、親の願いがより細かく多様化してきている現わ
れなのでは」


この辺の意見は想定の範囲内です

一時期、翔太とか翔平なんて名前が「こどもに多い名前」のベスト10にありました

同じクラスに翔太、祥平、翔介なんて自分の名前とそっくりの人間が集まっていた

ら、こどもはとてつもなく恥ずかしい思いをしたでしょう

こどもは名前を選べないのですから

アメーバニュースの中には、変わった名前を「キラキラネーム」と呼んで大いに賞

賛している人の意見もあります


「息子がキラキラネーム」という母親は、「国が新しいおかしな漢字を増やしたり、
意味的に名前には適さない漢字を名前に使えると許可している事が間違っている
と思います。読みも何でもOKですし。国もキラキラ推進してるんじゃ?」


調べてみたらありました。キラキラネーム推奨サイト
http://www.willcode.co.jp/kirakira/

この様子ではキラキラネームをつけられるこどもが増えるのかもしれません

家庭裁判所に本人が申し立てて改名する方法があるので、こどもは自分の名前

が気に入らなければそれを捨て、新たな名前をつけられます。しかし、それはあく

まで最後の手段というべきものでしょう

名前によってこどもが将来どのような不利益を被るか、キラキラネーム信奉者の

親は想像すらしないのではないか、と懸念します

(関連記事)
こどもの名前を考える
http://05448081.at.webry.info/200905/article_27.html
ドイツ人がこどもにサクラと名前をつける
http://05448081.at.webry.info/201006/article_65.html
読めないこどもの名前 キラキラネーム
http://05448081.at.webry.info/201102/article_52.html
漢字検定協会元理事長 私腹を肥やして懲役2年の実刑判決
http://05448081.at.webry.info/201202/article_46.html
こどもの名前 米国で人気なのは、ジェイコブとソフィア
http://05448081.at.webry.info/201205/article_24.html

人名の世界史 由来を知れば文化がわかる (平凡社新書)
平凡社
辻原 康夫

ユーザレビュー:
話のネタに興味があっ ...
日本語での世界の人名 ...
めくるめく花開く人名 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

こどもに奇抜な名前をつけたがる親の言い分 夾竹桃日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる