韓国マンガ 自称100年の歴史

韓国のマンガの歴史を綴った本が出版された、と中央日報が報道しています

ソース:中央日報日本語版

韓国では「わが国のマンファ(漫画)の歴史は100年あり、日本の漫画も元は韓国のマンファから派生したものだ」と称しています
さて、その本「私の人生のマンガ本」ですが、なぜか1940年代からの漫画の主人公たちが紹介されています
100年の歴史があると自称しているのですから、100年前の歴史から語るべきだと思いますが・・・
日本では北斎漫画は言うに及ばず、絵と物語を組み合わせた「黄表紙」などの読本が江戸時代には出版されており、町民たちの娯楽として普及していました
そのような大衆文化が韓国にあったのか、疑問です。そもそも李氏朝鮮時代は文字の読み書きが普及しておらず、一般大衆のほとんどは文盲だったとされます
漫画の話に戻します。韓国の漫画事情を紹介したウェッブサイトがありますが、ここもやはり1900年代から1945年までの歴史はすっとばしています


日韓併合によって抑圧された、とでも主張するのかもしれません
そして1945年以降の韓国の漫画が日本の模倣、あるいは劣化コピーを続けてきた事実も、当然ながらうやむやにしています(日本の漫画の影響、と表現)
「歴史を直視せよ」と韓国メディアは日本に向かって発言していますが、歴史を直視すべきなのは彼らの方でしょう
日本と韓国の漫画やアニメーションの比較は興味深い話題なので、これまでにも繰り返し取り上げてきました

(関連記事)
韓国人がNYで見た「日本が世界に通用する理由」
日韓アニメーション産業の比較
「鋼の錬金術師」から見える日韓歴史観の違い
「日本漫画の時代は終わった」と報じたメディア
韓国のパクリアニメーション「テコンV」
日本の漫画を超えた韓国マンファ「プリースト」映画化
「ウェブ漫画の元祖は韓国」であり「文化強国」だと主張


少年マンガ大戦争―『少年画報』編集長金子一雄の築いた王国 (蒼ブックス)
蒼馬社
本間 正夫

ユーザレビュー:
紙の上のレジャーラン ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る




少女まんがの系譜
ぺんぎん書房
二上 洋一

ユーザレビュー:
ヤマダトモコ氏の健闘 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る