日韓海底トンネル計画に妄執する韓国政府

日本と韓国を海底トンネルで結ぼうという無謀な計画については以前にもこのブログで取り上げ、実用性のないものだと指摘しました

空疎な計画 日韓海底トンネル

しかし、韓国政府はこの無謀な計画に執心のようです。共同通信が報じるところによれば、韓国政府が「国土開発基本構想」にこれを盛り込んでいるとのことです


記事の論調では「ただ日本の植民地支配時代に最初の構想が浮上したことなどから韓国内で反発がある。推定100兆ウォン(約7兆5千億円)以上という巨額の建設費も必要で、実現性は不透明だ」とあり、まるで日本側が韓国への謝罪のため巨額な建設費を負担して「トンネル建設を韓国に了承してもらう必要がある」と言わんばかりです
前回、ブログで取り上げた際にもこの日韓海底トンネルの不採算性について言及しました。莫大な工事に加え、トンネルを維持するため多額の維持費が毎年必要になるからです
そして海底トンネル実現によるメリットは何もありません。日本や中国から欧州に至る「鉄のシルクロード」が実現すると記事には書かれていますが、そんなものは何の役にも立たないのです
鉄道輸送は物流の手段ではありますが、大量輸送という点では船便に劣り、スピードでは航空便にかないません
ですからヨーロッパ向けに輸出をするのに、わざわざ韓国まで海底トンネル経由の鉄道便を利用するメリットはないのです
ユーラシア大陸の内奥に物資を輸送する手段としてはもちろん船便は使えないため鉄道を利用するのですが、それは日本の関知するところではありません
さらにユーラシア大陸の内奥に住む人は、沿岸地域に住む人よりもはるかに少ないのです。日本は船便で貨物を送って商売すればよいのであり、そこから先の流通ルートにまで関与する必要はまったくなく、メリットもないのです
日本にとって日韓海底トンネルなど無用の長物であり、明確にこれを否定しておくべきだと思います
でないと、これから先何度でも韓国政府は、「日本は日韓海底トンネルを建設したがっている」と蒸し返すでしょう

(関連記事)
韓国 無謀な中韓海底トンネル計画を検討
空疎な計画 日韓海底トンネル
東国原知事「日韓海底トンネル」妄想を語る
無謀な構想「日中韓海底トンネル」を諦めない人たち
日韓海底トンネル 韓国政府が断念
プーチン首相 「海底トンネルで日本まで鉄道をつなぐ」と構想を語る
プーチン首相「日露海底トンネル構想」を批判する韓国の反応
シベリア鉄道で「みかじめ料」を要求するロシア政府
対馬市議会が「日韓海底トンネル」推進決議
また蒸し返される日韓海底トンネル
日韓海底トンネルを煽る投資家
日韓海底トンネルを蒸し返す韓国 協力の起爆剤?