「坂の上の雲」と納豆

NHKで放送中にドラマ「坂の上の雲」ですが、第三回の放送を見逃してしまいました
そのうちまとめて再放送もあるでしょうから、気長に待ちます
さて、「坂の上の雲」に関連した情報を検索していると面白いエピソードを見つけました
明治時代、軍の近代化を急いでいた政府はドイツから将校を招き教育に当たらせたという話はドラマにも登場しています
その後、日露戦争でロシアを破った日本に驚いたドイツ軍は納豆を研究し、兵士の食事に取り入れた、というエピソードです

旭松食品のウェッブサイトに紹介されています

さすがに納豆そのものをドイツ兵に食べさせることはできなかったようで、乾燥納豆や大豆を使用したソーセージにして用いたようです
ヒトラーと納豆というエピソードもありますが、実際はどうだったのでしょうか?
以下のウェブサイトの末尾にそのエピソードが紹介されています。サイトそのものは「ドイツにおける日本の萌え文化受容」の説明が主体です


(関連記事)
日露戦争 バルチック艦隊司令官のその後が明かされる
NHKドラマ「坂の上の雲」
司馬遼太郎の作品ベスト10


日露戦争物語―天気晴朗ナレドモ浪高シ (第22巻) (ビッグコミックス)
小学館
江川 達也

ユーザレビュー:
偏執的な失敗作およそ ...
教科書が教えない歴史 ...
諸事情があったのだと ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る