原田知世主演「時をかける少女」 再び

Gyaoの動画配信サービスにある「昭和TV」で原田知世主演の映画「時をかける少女」が無料配信中なので、二十数年振りくらいに観ることができました


「昭和TV」の中では別番組で、監督の大林宣彦が撮影当時のエピソードを語っており、こちらも楽しめます
「女優をいかにきれいに撮るか」や「映画とテレビの演技の違いない」など、一見の価値はあると思います
番組も映画も12月限りなので興味のある方はお早めにご覧ください
「時をかける少女」については以前、劇用版アニメーション映画について触れました

再映画化決定 「時をかける少女」

実写版とアニメーションを比較しても無意味でしょうが、今回久し振りに鑑賞して原田知世主演の実写版は限られた予算と撮影スケジュールの中でよく健闘しているな、と感じました
タイムリーム(時間旅行)物はストーリーに無理が生じやすく破綻してしまうものなのですが、無難にまとめています
現代ならコンピューターグラフィックスなど特殊効果によってでどうにでもできるところを、フラッシュバックなど古典的な手法で話をつなげているところにも、当時の苦労がうかがえます
結局は好みの問題なのでしょうが、実写版の別れのシーンのもたついた感じよりもアニメーションの「未来で待っている」という台詞にすべてが収斂される演出の方が自分は好きです
今回のGyaoでの無料配信も、来年公開予定のリメイク作品「時をかける少女』に向けた宣伝の意味があるかもしれませんが、おかげで懐かしい映画を見ることができました


時をかける少女 [Blu-ray]
角川エンタテインメント
2008-07-25

ユーザレビュー:
貪っても感動するのは ...
やはりおもしろい!地 ...
今、本商品を注文いた ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る