島根女子大生遺棄事件を考える13 ホラー映画

被害者女性の靴が発見されたとの報道以降、新たな展開はないようです
インターネットの掲示板2ちゃんねるでは、現場で目撃された四輪駆動車の車種についてさまざまな憶測がされています
さて、この事件と映画「羊たちの沈黙」が類似している指摘した報道について前に取り上げましたが、ホラー映画と事件の関係について踏み込みが足りなかったと思いますので、再び取り上げます

島根女子大生遺棄事件を考える7 「羊たちの沈黙」

過去、青少年の犯罪が問題にされるたび、「漫画が悪影響を与えている」とか「ゲームが原因」などと槍玉に挙げられてきました。古くはテレビの俗悪番組「8時だよ、全員集合」がけしからんと批判されたりもしました
要するに青少年が目にするもの、触れるものを「原因だ」とか「犯人だ」と指摘し、それを規制すればよいとする短絡的な思考によるものです
今回も「羊たちの沈黙」の名が出ましたが、犯人がこの映画のファンで「映画に影響されてやった」と供述しようものならたちまち、「こんな残虐なホラー映画のDVDは販売もレンタルも禁止すべきだ」との声が挙がるでしょう
しかし、過去に漫画やホラー映画が「直接」、犯罪の引き金になった例がどれだけあるのでしょうか?
世界中で「羊たちの沈黙」のような猟奇殺人が頻発しているのでしょうか?
刺激の強い映画や漫画が間接的に影響を及ぼす可能性はあるにしても、直接事件を起こす引き金になるとは考えにくいのです
むしろ、そうやって青少年に影響を与えるゲームや漫画、アニメーションを犯人に仕立てようとする短絡的な発想の方がよほど危険です
漫画やゲームさえ規制すればOK、と決め付け、それ以上の背景、問題を考慮しなくなるためです
過去にホラー映画はいくつも作られてきましたし、話題にもなり、多くの人が見ています。しかし、今回のような女子大生を殺害してバラバラにして遺棄する事件は滅多に発生するものではありません
内面にフェティシズムやサディスティックな幻想を抱いている人間が、映画によって欲望を刺激されると考えることはできます。ですが、こうした幻想を抱き快楽を追求する人間はホラー映画以外のものにも刺激を求めます
メディアによれば「犯人は映画『羊たちの沈黙』を見て犯行を思い立ち、それを真似てみた」と記事にしたいのかもしれません。だが、あまりに稚拙な筋書きです
ホラー映画が犯罪の温床になると主張したいのなら、その背景や力動、因果関係を例証すべきでしょう(そんなことを言うと、インターネットの掲示板から一部のホラー映画ファンの発言を切り取り、彼らが犯罪者予備軍であるかのように書き立てると思われますが・・・)
この事件についてはブログで取り上げた数も増えましたので、直近のリンクだけ掲げておきます

島根女子大生遺棄事件を考える10 フェティシズム
島根女子大生遺棄事件を考える11 事件の相違点
島根女子大生遺棄事件を考える12 殺人者の語り
島根女子大生遺棄事件を考える14 片方の靴
島根女子大生遺棄事件を考える15 顔見知り犯行説
島根女子大生遺棄事件を考える16 空き家で犯行
島根女子大生遺棄事件を考える17 迷宮入り
島根女子大生遺棄事件を考える18 学生の事情聴取


黒い看護婦―福岡四人組保険金連続殺人 (新潮文庫)
新潮社
森 功

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る