日本の少女マンガに女性像の未来を見ようとするアメリカ

タイトルが分かりにくいだろうな、と思いつつ掲げてみました
アメリカは自由の国だとイメージしている方も多いと思いますが、実はテレビドラマや映画でも表現にはさまざまな制約があります。そうした制約がドラマや映画に登場する女性像の表現を制限し、詰まらないものにしているとの批判があると踏まえたうえで、以下のブログの記事に目を通してください

アメリカの女性像の未来と日本の少女マンガ。

ハリウッド式の女性像とはピンチに陥ったとき男性に救われる女性であり、その男性にベタ惚れして献身的に尽くす女性です
まるで1960年代ハリウッド映画みたいな話ですが、現代においてもこうした典型的な女性像を提供し続けており、この制約に反するドラマや映画は徹底的に批判されます
映画「エイリアン」ではシガニー・ウィーバーは闘う女性を演じていますが、あれはSFだから容認されているわけです。もし現代劇で、暴力亭主と闘う主婦の話だったなら轟々たる非難を浴びたでしょうし、そもそも映画化などされないでしょう
アメリカではこどもの頃から女の子は「父親を尊敬し母親を手本とする」よう求められ、恋人に忠誠を誓わされ、結婚後は夫に従順な貞淑な妻、こどもにとっての「良き母親」という役割を求められます
こうしたハリウッド式の女性像ばかり押し付けられうんざりしていたアメリカの視聴者が驚きをもって発見したのが、上記の記事にあるように日本のマンガなのです
前置きが長くなりました(と言うより結論ですが)
しかし、だからといって日本のマンガやアニメが手放しで歓迎され、絶賛されているわけではありません。やはり文化の違い、価値観や道徳観の違いがあります

「カードキャプターさくら」 日本版と北米版の違い

この先、彼女達が日本のマンガやアニメーションに何を見出すのか興味はつきません

(関連記事)
ロリータモデル・青木美沙子の心意気
韓国魔法少女アニメ「フラワーリングハート」
漫画の児童ポルノ禁止を日本に要請、国連報告者
児童ポルノか芸術か? 映画「ヴィオレッタ」
アメコミ変化 ヒロインはイスラム系女子高生
日本のロリータ・ファッション文化が世界を侵食
「日本人は島国生活のせいで保守的だ」という説への疑問
日本人は◯◯型というウソ
日本人はなぜ議論ができなくなったのか
メディアのふりまくリーダーシップ論の虚妄
「夜の校舎窓ガラスを破壊」 中学生補導と尾崎豊
日本を「アジアの病人」と報じる中国メディア
「ドラえもん亡国論」という暴論
自己啓発書に映し出される現代人の「心」
ディズニーと宮崎アニメ ヒロインから見た文化論
「内向きに閉じた日本のマンガ市場」という批判
杉田水脈論文事件を考える 性をどう語るか
セカイ系アニメ 戦闘少女とダメ男
中国のBLアニメ「魔道祖師」 日本上陸


魅惑のアニメヒロイン100人名鑑 (廣済堂ペーパーバックス)
廣済堂出版
アニメキャラクター徹底研究会

ユーザレビュー:
収録されているヒロイ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る