中国産ドラマが売れないのは「日本が悪いから」と批判

中国で作られるドラマが輸出不振で喘いでいます。ついには批判の矛先を日本に向け、八つ当たりしているとしか思えない言動が見て取れます


記事にある中国国内で大ヒットしたドラマ「潜伏」とか「生死線」とはどのようなものでしょうか?
Yotubeで「生死線」というドラマの台湾版というのが見つかりました
台湾で放送されたものなのか、台湾でリメイクされたものなのか、よくわかりませんが、突っ込みどころ満載なので取り上げます


ええと、ランニングシャツで出てくるガタイのいい兄ちゃんが殺し屋(スナイパー)なのでしょうか。海辺に車を停め、中から釣竿でも持ち出すのかと思ったら狙撃用ライフルでした。しかもサンダル履きです
おっと、次はスイカを持って歩き出した(展開が読めません)
殺しの仕事の前にライフルの試し撃ちをするシーンだったようです
スイカをもって中華料理屋にでも行くのかと思いました
これが中国で大ヒットしたドラマなのだそうです
プロの殺し屋がサンダル履きでランニングシャツという時点でダメダメでしょう
試し撃ちをするにしても順序が逆です。標的となるスイカを置いてからライフルを取り出すべきであり、ライフルを放置したまま100メートル先にスイカを置きに行くなどプロの行動として考えられません
それに俳優が中華料理屋の兄ちゃんみたいで、とても殺し屋には見えません。殺し屋としてのニヒルさも狂気も不足です
日本のドラマなら殺し屋は主役級のイケメンを起用するはずです
中国のドラマが日本で受けないのは俳優がイケてないから、というのが一番ではないでしょうか
そして二番目には演出がショボすぎること。サンダル履きでランニングシャツの殺し屋なんてありえません。さらに、車の後部座席にむき出しのライフルを乗せたまま街中を走るバカはいません
こんなお粗末なドラマを作っておいて、「日本に売れないのは日本が悪いから」などと言われたくありません。安物の衣類は日本でも売れますが、こんな安っぽいドラマは日本では売れません。視聴者をバカにしているのか、と苦情がきます

(関連記事)
中国産ドラマが売れないのは「日本が悪いから」と批判2
中国の壮絶な低視聴率ドラマ「熊猫人(パンダマン)」
中国ドラマ「熊猫人(パンダマン)」はなぜコケたのか?


還珠姫 ~プリンセスのつくりかた~ (6枚組DVD-BOX)
ビクターエンタテインメント
2008-11-28

ユーザレビュー:
面白かったです☆どん ...
10年間待ち続けた、 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る