島根女子大生遺棄事件を考える33 警察のプロファイリング

毎日新聞の報道によれば、警察のプロファイリングで犯人は「平岡さんの自宅周辺やアルバイト先への通勤路沿線に住んでいた可能性が濃厚」であり、「20~40代程度の男による単独犯行」という推測が打ち出されているようです


従来の見方と特に変わったところはありません
これは過去の殺人事件を統計的に分析し、犯人の特徴として導き出された「平均値」のようなものです
あくまで統計上、性犯罪や殺人目的で他の県まで越境して犯行に及ぶ例は考慮する必要がないくらい稀である、というわけです。となれば当然、極端な例などは排除されます
ので、犯人が広島県内在住だったりすると、捜査の範囲から漏れてしまうという問題があります
過去の例から殺人犯は、その住居を中心に半径20キロ以内で犯行に至っているケースが9割を占める、などというデータがあるのでしょう
ただ、それだけでは依然として雲を掴むような話です。年齢が20~40代程度の男という絞込みをかけても、対象となる人物は千人くらいいるのではないでしょうか?
しかも事件から時間が経過していますので、犯人は転職などの口実を設けて浜田市を離れたかもしれません。もちろん、事件後転居した者がいれば警察も身辺捜査の対象とするでしょうが、転職などの合理的な理由があれば容疑者のリストから外してしまう可能性もあります
統計上、犯人がそのまま浜田市に在住している可能性は80%くらいあるのかもしれませんが、可能性の高い線を追い続ければ必ず犯人にたどり着くとは限りません
警察は現場周辺の空き家の捜査を継続しているようですが、電気も水道も使えない空き家に被害者を運び込み、ばらばらにしたというのは考えにくいのではないでしょうか
空き家なら雨戸が閉まっていて中は真っ暗でしょうから照明は必要ですし、血を洗うための水も必要になります。懐中電灯を使用したり、ポリタンクに詰めた水を持ち込むという手はありますが、空き家にそのような荷物を持ち込もうと頻繁に出入りすれば近隣の人たちの目に触れます
井戸がある民家とか、明り取りの窓があって昼間に遺体を解体するとか、さまざまな可能性は思いつくのですが
もちろん捜査の取り組みとして、「この空き家が事件には関係ない」こと確認をする必要はあるわけで、まったく無駄な行為だと批判するものではありません。浜田市とその周辺に散在する空き家を調べ犯行と関わりないと分かれば、犯行に使用された場所が絞り込めるのですから
犯人は浜田市かその近隣にいまでも住んでおり、鳴りを潜めていると警察は見ているのでしょう
この事件についてはブログで取り上げた数も増えましたので、直近のリンクだけ掲げておきます

島根女子大生遺棄事件を考える28 劇場型犯罪
島根女子大生遺棄事件を考える29 思い込みの誤り
島根女子大生遺棄事件を考える30 犯人家族の苦悩
島根女子大生遺棄事件を考える31 屍姦という行為
島根女子大生遺棄事件を考える32 情報の整理を
島根女子大生遺棄事件を考える34 殺人の衝動
島根女子大生遺棄事件を考える35 犯人の育った環境
島根女子大生遺棄事件を考える36 捜査の現在
島根女子大生遺棄事件を考える37 捜査は継続中
島根女子大生遺棄事件を考える38 犯人は異常性愛者か
島根女子大生遺棄事件を考える39 過去の遺棄事件
島根女子大生遺棄事件を考える40 遺体損壊と焼却
島根女子大生遺棄事件を考える41 不審車両はマークⅡ
島根女子大生遺棄事件を考える42 容疑者死亡で送検
島根女子大生遺棄事件を考える43 矢野容疑者のプロフィール
島根女子大生遺棄事件を考える44 捜査本部会見
島根女子大生遺棄事件を考える45 矢野容疑者のmixi
島根女子大生遺棄事件を考える46 矢野容疑者の前科
島根女子大生遺棄事件を考える47 犯人扱いで大学中退者も
島根女子大生遺棄事件を考える48 事件の総括

上記の記事より過去のものは以下のリンクからたどってください


ミステリーファンのためのニッポンの犯罪捜査
双葉社
北芝 健

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る