劇場版「涼宮ハルヒの消失」を見て

土日は席が取れないようなので本日、月曜日に見てきました
全国でも上映館を絞り込んでいます。これは「サマー・ウォーズ」でも行われたように角川の方針なのでしょう。上映館を限定して公開のコストを切り詰め、ロングラン上映を狙って稼ぐ商売ではないかと
原作である「涼宮ハルヒの憂鬱」シリーズを知らない人がこの映画を見る可能性はほとんどないと考えます。その意味では最初から特定の観客層だけを相手にした映画で、一般の観客を対象とした映画とは大きく異なります。よって最初から「全国200館で上映」などとは考えないのは正解なのでしょう
さて、本編については原作小説を読んだ方は承知している内容です。かなり原作を忠実になぞってアニメーション化しており、原作至上主義者も納得でしょう
自分としてはもっと大胆なアレンジがあってもよかったのではないかと思いますが
こうした学園ファンタジーを面白いと感じる要因の一つは、自分自身の高校生活がどうしようもなく退屈で平凡で、思い出したくもないくらい価値の乏しいものであったからなのでしょう。いまさら高校時代に戻りたいなどと夢想したりもしません(我が母校は前にも触れたように少子化の影響で廃校となり、取り壊されて消失しています)
それゆえ、涼宮ハルヒと仲間たちによる日常を取り戻そうと必死にあがく主人公キョンに感情移入もでき、結果は分かっていても結構ドキドキしながら見ていられます
これを名作と呼ぶかどうか、他人に勧めるかは大いに迷うところで判断がつきません
「涼宮ハルヒの憂鬱」シリーズを読んだり見たりしている者にとっては、当然見るべきものであり、その価値は十分でしょう
しかし、このライトノベルシリーズを読んだことのない人、テレビアニメーション版を見ていない人には面白さは伝わらないわけで、勧めたところで無駄でしょう
映画評論家のレビューも評価は分かれていますが、それも当然です。このシリーズ作品に何の思い入れもない映画評論家にとっては、「大して価値のない映画」に見えるはずですから
脚本、作画ともクオリティは十分に高く、京都アニメーションの制作能力の高さを十分に発揮していると自分は評価します。原作があるとはいえ、長編のアニメーションを破綻なく過不足なく、尺の中に収めるのは難しいものです。そこをちきんと仕上げて見せる職人技が健在であるのを確認できるだけでも嬉しいものです。「日本のアニメーションはもう終わりだ」などと発言したり、報道するメディアもありますが

(関連記事)
【公式】 涼宮ハルヒの消失 予告
「涼宮ハルヒの消失」映画化
涼宮ハルヒの憂鬱 新作放送
「涼宮ハルヒの憂鬱」の憂鬱
涼宮ハルヒ 「エンドレスエイト」
「涼宮ハルヒの憂鬱」で同じ話が何度もループし、不評
「涼宮ハルヒの憂鬱」第14話(1期シリーズ最終回)を考える
声優平野綾 ファンのコメントにブチ切れ発言騒動
「涼宮ハルヒの驚愕」を読んで
「涼宮ハルヒのユリイカ」を読んで
「涼宮ハルヒの憂鬱」批評を巡って
京都アニメーション放火事件を考える 犯人は41歳の男
京都アニメーション放火事件を考える 33名が死亡
京都アニメーション放火事件を考える 青葉容疑者の小説とは
https://05448081.at.webry.info/201907/article_24.html
京都アニメーション放火事件を考える 青葉容疑者の小説が実在
https://05448081.at.webry.info/201907/article_26.html
京アニを「麻薬の売人以下」と中傷し炎上 大阪芸大教授純丘曜彰 その1
京アニを「麻薬の売人以下」と中傷し炎上 大阪芸大教授純丘曜彰 その2


オフィシャルファンブック 涼宮ハルヒの公式
角川書店
コンプティーク

ユーザレビュー:
ハルヒファンなら買っ ...
見所満載アニメ版ハル ...
カラーばっかりでお買 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る