オリンピック国母選手騒動は何だったのか?

バンクーバーオリンピックのテレビ中継は結局見ないまま、終わりそうです
若い頃は野球やサッカーはもちろん、ラグビーや体操、シンクロナイズドスイミングなど熱心にスポーツ中継の観戦していたのですが、最近はすっかり熱が冷めてしまい見る意欲が湧きません
さて、今回のオリンピックで一番の話題といえば国母選手を巡る騒動だったのではないでしょうか?
各メディアともさまざまな主張を展開し、論じていました
その挙句、文化論や日本人論まで開陳するメディアも現れました
PJニュースは、「『規律に対する厳格さ』を通り越して寛容さの欠ける『閉鎖性・陰湿さ』は日本文化の負の側面だ。こういう部分が日本社会の『生きにくさ』を作りあげているのだ」と書いています


どうも思い違いをしているのではないか、と言いたくなります
自分自身、日本社会に生き暮らしていてそんな「生きにくさ」を感じた経験は一度もありません
国母選手の服装の乱れを指摘することが、なぜ閉鎖的で陰湿なのか、さっぱりわからないのです
例えばメジャーリーグの球団ヤンキースには、「移動時はネクタイとスーツ着用」という決まりがあり、選手はそれに従います。それが契約に明記されている以上、当然従うわけです
プロバスケットボール(NBA)でも同じく、「移動時はネクタイとスーツ着用」と決めているチームがあります。しかし、アレン・アイバーソンはこの決まりを破り常にラフな服装を通します。彼には契約に従って罰金が科せられるのですが、アイバーソンは罰金を1年分前払いしています。チームは納付された罰金をチャリティーに回したそうです
つまりドレスコードがあって、それを守る義務を契約で明記しているからこそ、NBAの選手たちもそれに従うのですが、アレン・アイバーソンは罰金を支払ってでも自分のスタイルを貫こうとしているという話です
契約社会のアメリカらしい話といえばそれまでですが、そのような割り切り方も1つの選択でしょう
世論調査を見ても国民の半数は国母選手の服装を不快に思ったのですから、関係者が国母選手に注意・指導をするのは当然です
それを受け入れるか否かは国母選手が決める問題であり、オリンピック参加を辞退した上でズボンをずり下ろしたまま帰国してもよかったのです
結果として国母選手はズボンを引き上げ、オリンピックに出場する選択をしたと言えます。これのどこが陰湿で閉鎖的なのでしょうか?
「自分のスタイルを貫く覚悟」があるなら、そうすればよかっただけの話です。ズボンをずり下ろして成田空港に降り立ち、報道陣を前に「チッ、うるせーな」と発言すればよかったのです
場にふさわしい服装をし、立ち振る舞いをするのは大人のたしなみであって、ガキ臭い独り善がりのパフォーマンスとは別次元の話です

(関連記事)
スノーボーダー国母和宏 大麻で懲役3年求刑
五輪エンブレム 「誰が佐野研二郎を殺すのか?」と書くメディア
五輪エンブレム 盗作疑惑で撤回するドタバタ劇
新国立競技場問題 文科省が担当局長更迭
韓国冬季五輪開催危機 日本に助けを求める?
キス騒動橋本聖子 スケート連盟会長居座り
橋本聖子と高橋大輔のキス騒動
メダルを逃した選手を税金泥棒と批判する風潮
「安藤美姫の出産を支持するか」と問う週刊文春のアンケート
猫ひろし 五輪カンボジア代表取り消し
猫ひろし批判 カンボジアのメディア
批判続出 猫ひろしのオリンピック参加問題
猫ひろし カンボジア国籍取得で五輪出場を狙う
2011世界フィギュアの優勝は安藤美姫
オリンピック誘致失敗でオバマ大統領批判される
スポーツドラマの秀作 映画「炎のランナー」