愛子様不登校問題 学習院の無責任さ

「犯人探しは望ましくない」との意見はあるものの、「何があったのか?」を探る以上は

「誰がやったのか?」という話になります

学習院側はこども同士の他愛もない事柄だと事態を極力矮小化し、ささやかな問題で

あるかのように強調していますが、本当にそうだったのでしょうか?

J-CASTニュースがこの辺りを記事にしています
http://www.j-cast.com/tv/2010/03/11062083.html


こうした「困ったチャン」の代表格は、小2なのに身長140センチもあるA君だそうで、相
手構わず暴力をふるったり、「校内では、『ファック! シット!』などと放送禁止用語を
叫びながら、走り回っていた」(文春)というのだ。


「それくらいの問題児はどこの小学校にもいる」と書くのは簡単ですが、学校がどう対

処しているかが事案の本質であり、そちらに注目しなければなりません

会見やら週刊誌の記事を見る限り、学習院側の発表はすべて自分たち大人の側の視

点で語られており、生徒の視点から問題を考えようとする姿勢が欠如しています

昨日も書きましたが、「こどもの不安は不安として受け入れる」ところから物事は始まる

わけで、それを大人の視点から「大した問題ではない」と言い切ってしまう姿勢に疑念

を感じます。こどもたちが何を思い何を感じ、何を考えるのかが重要なのであって、教

師が上から目線で何事かを語る行為に価値などありません

ましてや教育現場に立たない理事などの役職者が、「大した問題ではない」などと発言

するのは愚の骨頂です

初等科の生徒たちの行動を見ようともせず、彼らや彼女らが何を思い、何を考えてい

るのか知ろうともせず、何を不安に感じているのか察しようともせず、「大した問題では

ない」と言ってのける面の皮の厚さには辟易します

まるで自分の責任を問われるのを恐れ、釈明に釈明を重ねる小役人のようです

「教育現場で起きたことはすべて私たちの責任です」と、なぜ言えないのでしょうか?

事なかれ主義、責任の転嫁、そして「こどもの間のできごとは当事者間で解決すべき」

との発言まで学習院側から飛び出してきます

ならば学習院の教師は何のために存在しているのかと問い詰めたくなります

教科指導だけが仕事というなら学習塾の講師を呼べば十分です

「教育現場で起きたことはすべて私たちの責任です」と言い切るだけの気概、自負がな

くて何が教師か、と・・・

プロの教育者として根性を見せろや、と言いたくなります

(関連記事)
学習院で学級崩壊 愛子様不登校事件
http://05448081.at.webry.info/201003/article_14.html
愛子様不登校問題 なぜ発表したと怒るメディア
http://05448081.at.webry.info/201003/article_17.html
愛子様不登校問題 学習院で何が起きているのか?
http://05448081.at.webry.info/201003/article_20.html
愛子様不登校問題 何が不安なのか?
http://05448081.at.webry.info/201003/article_24.html
愛子様不登校問題 デヴィ夫人の暴言
http://05448081.at.webry.info/201003/article_27.html
愛子様不登校問題 皇族方の学習院離れ
http://05448081.at.webry.info/201003/article_31.html
愛子様不登校問題 少年A君
http://05448081.at.webry.info/201003/article_35.html
愛子様不登校問題 問題児は
http://05448081.at.webry.info/201004/article_23.html
愛子様不登校問題 不登校への対処法
http://05448081.at.webry.info/201004/article_22.html
「愛子さま水泳特訓で巡視艇が出動」と書く週刊朝日
http://05448081.at.webry.info/201009/article_116.html
悠仁親王の席に包丁 お茶の水大付属中学
https://05448081.at.webry.info/201904/article_22.html
悠仁親王の机に包丁 通報まで6時間は学校の怠慢
https://05448081.at.webry.info/201904/article_23.html

「叱る」生徒指導―カウンセリングを活かす あなたは生徒をうまく「叱れ」ますか?
学事出版
上地 安昭

ユーザレビュー:
「叱る」ことを知る今 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る