Twitterで無銭旅行してアイドルに

すでに散々報道されている話題で、目新しい要素は何もないのですが、取り上げます

1人の女子大生が、移動や食費、宿泊を援助する人たちをインターネットの『Twitter』で

募って全国一周する旅を続けており、メディアで取り上げられています

『Twitter』の利用、というのがポイントでウケたのでしょう

早くも旅行記出版の話も浮上しており、彼女はこの旅を足場にタレントへとのし上ろうと

しているのかもしれません
http://news.livedoor.com/article/detail/4669880/

自分などはまったく関心も興味もないのですが、彼女の旅に共感して支援を申し出たり、

『Twitter』で日々の動静をウォッチしていた人は多かったのでしょう

端的に言うなら「共時性」ということでしょうか?

『Twitter』を介して行動をリアルタイムで知り、その日常をあたかも共有している感覚を

味わえるという参加型のイベントであったがゆえに、多くの関心を集めたと

さて、もう1つの要素は「旅」です

人はなぜ、「旅」に憧れるのでしょうか?

それは日常の空間を脱したい、日常の人間関係を離れたいとの希求があるからです

つまり「旅」は決まりきった日常、人間関係から逸脱し、非日常の世界へ踏み出すという

刺激に満ちた体験なのです

昔の青春ドラマでは中村雅俊扮する若者がギター1本持って旅に出る、などというイメー

ジがありました。実際のドラマの内容は別にして、あくまでもイメージです

旅先でギターを弾いていると近隣の人が声をかけてきて知り合いとなり、どんどん人の輪

が広がってゆく・・・という

それは非日常であるとともに、見知らぬ人の前で「いい人」を演じたいという欲求の現れで

もあります

日常のしがらみの中では自分のポジションが決まっていますから、それを離れ、違う役回

りを演じたいという思いです

ですからどこの誰とも知らない旅人を受け入れ、支援しようとする人が出現するわけです

最後になりますが、彼女の旅の顛末がどうなるか興味はありません。しかし、名前を売る

という目的は十分に果たしたと思われます

(関連記事)
「0円で日本一周」女子大生の本 痛烈な批判
http://05448081.at.webry.info/201005/article_67.html
また出た 0円で日本一周を目指す女性
http://05448081.at.webry.info/201006/article_7.html
「所持金ゼロで日本一周」を目指す女性 出発していなかった
http://05448081.at.webry.info/201106/article_17.html

Twitter使いこなし術 パワーユーザー100人の「技」を公開 (アスキー新書)
アスキー・メディアワークス
根岸 智幸

ユーザレビュー:
ツイッター初心者は得 ...
アラフォー・パソコン ...
自分らしいつぶやきの ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る