韓国政府が安重根死刑囚の情報提供を日本に要求

安重根はハルビンで伊藤博文(当時、枢密院議長)を暗殺したテロリストですが、韓国では彼を英雄として祭り上げています。そして英雄である安重根の遺骨探しにやっきになっており、日本に対して資料を出せと要求しています


いかにも唐突な要求のように思えますが、その伏線は以前からありました
民主党政権誕生により、昨年秋以降に天皇陛下の訪韓が噂されるようになると、韓国国家報勲庁長官の金揚が早々と「日王(韓国では天皇の名称を嫌い、日王と呼ぶのが慣例です)訪韓に反対」を唱え、「もし訪韓したいならば安重根の遺骨の所在について明らかにすべきだ」との要求を出しています
これは安重根が処刑され、遺骨は旅順監獄付近に埋葬されたと伝承されているものの、韓国側が発掘調査をしてもそれを見つけ出すことができず、「安重根の遺骨は日本政府がどこかに隠した」と思い込んでいるためです
韓国側は勝手に想像をこねくり回し、「安重根は韓国独立の義士であり重要人物だったから、その遺骨が韓国独立運動のため利用されるのを日本政府は恐れ、遺骨をどこかに隠したに違いない。それは日本政府の上層部しか知らない機密だったはず。ならば日王は安重根の遺骨がどこに隠されたのか知っていたに違いない」というトンデモなく飛躍した推測によるものです
安重根はチンピラ、ゴロツキの類であり、その程度の犯罪者の遺骨を日本政府がこっそりと持ち出し、どこかに隠蔽する必要があったとは思えません
明治の元勲と言われる政治家の中で伊藤博文は朝鮮の併合に反対していた人物です
安重根による伊藤暗殺はかえって日本による朝鮮併合のきっかけになった、とさえ言われる愚挙であり、そのようなテロリストを民族の英雄だと祭り上げる韓国人の感覚には呆れるばかりです。反日運動に使える材料なら何でもよいのでしょう
旅順監獄のあったとされる土地はマンションが建設され、再び発掘調査を行うのは困難と思われます
自分たちの杜撰な発掘調査の失敗の責任を、日本政府に押し付けるつもりなのかもしれません

(関連記事)
韓国メディア「日本の伊藤博文礼賛は歴史を知らないから」
伊藤博文暗殺犯安重根を英雄に祀り上げる韓国
「安重根は犯罪者」発言にブチ切れる韓国政府
伊藤博文暗殺犯である安重根を聖人にしようとする韓国
日本の新紙幣 渋沢日栄一を猛批判する韓国
「日本海」の呼称に猛反発する韓国の異常さ
単なる噂を教科書に載せる韓国 歴史捏造
インチキ韓流ブーム 韓国の呆れた剣術
「江戸時代の日本はアジアで孤立」と主張する韓国教授
「日本は古代、韓国の直轄領土」と主張する韓国の歴史学者
大物詐欺師許永中が仮釈放されていた


全一冊 小説 伊藤博文―幕末青春児 (集英社文庫)
集英社
童門 冬二

ユーザレビュー:
一気に読ませる 童門 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る