ジャニーズドラマ批判を展開する「サイゾー・ウーマン」

以前からインターネット・メディアの「サイゾー」はジャニーズ批判で突出していたのですが、

最近はその勢いが加速しているように見えます

「サイゾー・ウーマン」には、「『ヤマトナデシコ七変化』に見る、ジャニーズドラマの限界」と

いう記事を配信しています
http://www.cyzowoman.com/2010/03/post_1633.html

記事では「イケメンの質、存在感」について随分と踏み込んだ考察をしています

「イケメン論」はともかくとして、記事にある「致命的に演技が下手」という指摘はその通り

でしょう

主演俳優は画面に登場する回数も多く、台詞も多いのですから、主演の演技が下手だと

ドラマそのものが成り立たなくなります。見ているのが苦痛になります

それでもジャニーズだから、という理由で各テレビ局は主演に起用し続けているのですが、

数字は正直です

視聴者は面白くないドラマは見ないのです

結局、亀梨和也主演の「ヤマトナデシコ七変化」は1桁台の視聴率で放送を終え、「低視

聴率王子」の伝説に新たなページを刻みました(平均視聴率7.9%)

櫻井翔主演のドラマ「特上カバチ!!」(TBS系)は平均視聴率7.4%だったそうですか

ら、ここでは勝っていますが

榮倉奈々主演のドラマ「泣かないと決めた日」(フジテレビ系)は、平均視聴率が14.9%

で、菅野美穂主演のドラマ「曲げられない女」(日本テレビ系)は、平均視聴率は18.6%

という結果が出ています

(関連記事)
亀梨和也は低視聴率王子 主演ドラマは5%台
http://05448081.at.webry.info/201002/article_27.html
仏ワイン誌最高賞に「神の雫」
http://05448081.at.webry.info/201001/article_17.html

野ブタ。をプロデュース DVD-BOX
バップ
2006-04-05

ユーザレビュー:
真希ちゃんが暗くてお ...
”山下智久君と亀梨和 ...
大人向け学園ドラマ私 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る