学習塾殺人事件を考える1 京進ゼミが9900万円賠償

2005年12月に京進ゼミ系の学習塾「京進宇治神明校」で小学6年生の女の子が塾講師の大学生に刺し殺された事件で、被害者の両親が1億3千万円の損害賠償を求める民事訴訟について判決があり、学習塾経営会社に約9900万円の支払いを命じる判決がありました


以前から気になっていた事件なのですが、あまり情報が入手できないのでブログでは取り上げませんでした
この事件の裁判では2度の精神鑑定が実施されているのですが、その詳細が掴めなかったためです
民事での損害賠償の判決が出ましたので、これをきっかけに思うところを書くことにします
ちなみに女の子を殺害した犯人萩野裕(27歳)は殺人罪などで懲役15年確定し服役しています。萩野の両親は自宅を売却し、被害者の両親への賠償金として1千万円を供託していますが、こちらの方がどうなっているのか分かりません
被害者の両親は娘を殺された怒りから、荻野被告に対し無期懲役を求める署名を集める活動をしていましたが、刑事裁判では一審が18年の懲役で、二審では被告の責任能力に一部問題があったと減刑され懲役15年の判決が出ました
検察側がこの判決を受け入れたため、懲役15年で確定しています
被害者の両親が塾経営会社に損害賠償を請求したのは、いわば娘の敵討ちです
その心情は理解できますし、批判するつもりもありません
2005年の事件ですから詳細を記憶しておられない方も少なくないと思います

事件のまとめページがありますので、そちらをご覧ください

まとめのページからもわかるように、萩野受刑者の塾内での行動にはさまざまな問題があり、被害者の両親が塾側に抗議するなどしていたのですが、塾側がどのような対応をしたのかはっきりしません
口頭で萩野受刑者に何らかの注意をしたのかもしれませんが、それがかえって被害者である児童への攻撃(萩野受刑者からすれば自分が児童から責められているという受けとめ方になるわけです)に結びついたと言えます
萩野受刑者は同志社大学進学後、大学構内で盗みをやり警備員に怪我をさせるという強盗致傷事件を起こし、執行猶予中の身分であり、大学からは停学処分を受けていました
しかし、その事実を隠したまま塾講師として採用されています
塾側の人事管理に重大な過失があったと指摘されるのも当然です
要するに同志社大学法学部の学生という肩書きだけで講師として採用し、その後、児童などから苦情が出たものの何ら有効な対処をせず殺人事件が発生するまで放置していたのですから、管理責任を問われても言い逃れはできないでしょう
事件発覚後、会社側は萩野被告の前科を知り、「(前科を隠している学生がいる以上)こうした事件は防ぎようがない」とコメントし、顰蹙を買いました
塾内での授業態度、児童との接し方でも十分問題があったのを放置しておいて、「前科を申告しなかった萩野が悪い」と責任を転嫁させるのですから、批判されるわけです
さて、次回は萩野受刑者がどのような人物で、なぜ塾内で小学6年生の女の子を殺害しなければならなかったのか、書きたいと思います

(関連記事)
学習塾殺人事件を考える2 アスペルガー障害と殺人の関係
学習塾殺人事件を考える3 こどもとの接し方
学習塾殺人事件を考える4 6年生女児を殺した塾講師
発達障害児9万人 どう対応するか
名古屋駅前暴走事件を考える1 秋葉原事件と比較
名古屋駅前暴走事件を考える2 犯人はアスペルガー症候群
名古屋駅前暴走事件を考える3 懲役12年の先は
千葉東金女児殺害事件を考える1 知的障害者の被告
千葉東金女児殺害事件を考える2 責任応力を認定
知的障害の兄が小学生の弟を殺害
大人の発達障害 会社で問題社員扱いされる人
社会学者古市憲寿の炎上騒ぎを考える
クレーン車事故で児童6人死亡 運転手は「てんかん」の持病
クレーン車事故を考える2 「てんかん」隠していたと母親が謝罪
作家柳美里の息子 消防や海上保安庁にイタ電
学習ボランティアが小学生を平手打ちし逮捕
「親の愛情不足で発達障害」 大阪市条例案の偏見
なりすましウィルス事件 容疑者のいじめられた体験
発達障害で姉を刺殺した男性 控訴審で減刑も
練馬で小学生を切りつける通り魔事件
AKB襲撃犯のプロフィールを考える 発達障害
加古川7人殺し事件 藤城被告死刑確定
高畑裕太は子どもの頃、発達障害と診断されていた
逮捕された高畑裕太容疑者を「おバカな2世タレント」と決めつける報道
高畑裕太容疑者の発達障害説への批判
つくば路上刺殺事件 18歳少年裁判で犯行認める


大人のアスペルガー症候群 (こころライブラリーイラスト版)
講談社

ユーザレビュー:
わかれば、解決のしよ ...
皆さんはどう思います ...
梅永先生は良い、でも ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る