鳩山由紀夫夫妻 ドロドロの略奪愛

昨日はアメリカの新聞「ワシントンポスト」が、鳩山首相を「哀れ」だの「いかれてる」と酷評したコラムについて取り上げました
首相の妻がアメリカには付いて行かなかったのに、随分と酷評されたものだと思います
幸夫人がアメリカに行ったなら、その変人ぶりにアメリカのメディアも呆れてあれこれ書きまくったはずですが
さて、タイトルに「ドロドロの略奪愛」と書きました
首相の妻である幸は鳩山由紀夫と出会う前に結婚しています。その結婚生活がどのようなものであったのか、判然としません
1967年に幸は宝塚歌劇団を退団し、サンフランシスコの日本料理店「蝶蝶」のマネジャーと結婚しているのですが、この経緯について本人の語っている内容が二転三転しており、事実がどうであるのかはっきりしません
夫である男性はアメリカに留学していた鳩山由紀夫の世話をすることになるのですが、幸は由紀夫に惹かれ書き置きを残して家を出てしまい、離婚します(すんなりと離婚が成立したのではなく、色々あったと噂されています)
週刊誌に略奪愛と書かれたりしているのですが、どのような事情、展開で由紀夫が人妻であった幸と恋仲になり、結婚するに至ったのか、その真相は謎のままです
一説によれば鳩山由紀夫の母親が幸の夫と交渉し、離婚問題の決着を図った(相当額の金を支払った)とされています。由紀夫が母親べったりなのは今も昔も変わらないようです
プライベートな話なのでオープンにしろ、とは言いませんが、何やら後ろ暗いものを感じます
もう少し明確な「恋愛の経緯」を書くべきなのでしょうが、噂や憶測ばかりで何が真相であるのか掴めないため、このようなとりとめもない内容になってしまいます
インターネットでこの鳩山夫妻の略奪愛について検索すると、いろいろなサイト、ブログが見つかるのですが、真相は不明のままです(興味のある方はあれこれ検索し、確かめてみてください)
ちなみに幸は自分の父親について、インタビューで「自分が小学生の時に仕事のため渡米し、そのままアメリカで病死したので、会えないままだった」と語っているのですがこれはウソです
彼女の父親は離婚した上で、幸と妻を日本に残してアメリカへ渡っており、病死したのは幸が中学生のときです
このように幸は自分の生い立ちについてウソを語ることがあります。意図的にウソをついているのか、あるいは記憶が混乱しているのか、自分の生い立ちにまつわる空想の物語を作り上げ、その物語にどっぷりと浸ってしまっているのか、分かりません
生い立ちにまつわるウソがあるように、鳩山由紀夫との出会いから結婚に至る話にもやはりウソがあるようです
幸が意図的にウソをついているように見えませんので、おそらく彼女は「不思議ちゃん」なのではないか、と推測します
そんな「不思議ちゃん」と大恋愛をし、夫から奪い取ったのですから、鳩山由紀夫というのは存外、凄い男なのかもしれません

(関連記事)
ワシントンポストに「哀れ」と書かれた鳩山首相
鳩山夫妻 ドロドロの略奪愛Part2
鳩山前首相 韓国で土下座し、日本の軍事大国化批判
中国に利用される鳩山由紀夫の哀れ
鳩山元首相イラン訪問の波紋 外交音痴が露呈
いまさら鳩山由紀夫を持ち上げる週刊プレイボーイ
元キャンディーズ田中好子 夫の不倫・隠し子問題
麻木久仁子vs大桃美代子 不倫対決
麻木久仁子 不倫を認める
麻木久仁子不倫騒動 人を好きになるのに理由はない?
お天気お姉さんの不倫 NHK半井キャスター
ダルビッシュ紗栄子 不倫相手はNEWS手越祐也
小学校校長の不倫 学校内で所構わず
不倫の代償
政界失楽園 中川郁子政務官路上キス事件


ようこそ鳩山家へ―鳩山幸さんのお料理、ファッション、おもてなし
ベストセラーズ
鳩山 幸

ユーザレビュー:
国際感覚に疑問ありん ...
意外と料理しない人っ ...
暁は光から!感謝です ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る




幸塾-今を楽しむ天才、鳩山幸
小学館
和樂編集部鳩山幸取材班

ユーザレビュー:
さわやか!あちこちの ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る