手塚治虫文化賞 山田芳裕作「へうげもの」

第14回手塚治虫文化賞の発表があり、マンガ大賞には山田芳裕作の「へうげもの」が

選ばれたと報道されています
http://news.livedoor.com/article/detail/4727159/

「へうげもの」とは型破りなもの、奇抜なものという意味です。戦国時代の武将で茶人で

もあった古田織部を描いたマンガです

濃い緑色の釉薬をざっくりとかけた「織部」と呼ばれる器の数々をプロデュースした人物

であり、歪みのある沓掛茶碗のような独自の形で美を表現した芸術家です

戦国時代を舞台にしたマンガならば戦乱を勝ち抜く武将の闘いをテーマにするところで

しょうが、茶人で陶芸家でもあった古田織部に光を当てるという作者の意向に驚かされ

ます。実に渋い趣向です

さらにこの異色の作品を読み、支持している日本の読者が大勢いる事実にも、新鮮な

驚きを感じます

もちろん日本のマンガはその描く対称が幅広く、恋愛ドラマやスポーツ根性ものに限ら

ず、料理から音楽など多用な世界を描いてきました。ビジネスの世界を描いたサラリー

マン物もあれば、奇抜なギャグマンガもあります

過去に当ブログで、「日本のマンガの時代は終わった。これからは(韓国の)マンファの

時代だ」などという報道記事を取り上げたりしましたが、日本のマンガの題材の多用さ、

表現のあくなき追及という探究心に韓国が追いつく可能性は皆無でしょう

世界の中でこのようなマンガ文化を展開させ、さらにその彼方を目指している国は日本

だけです

1人の漫画家が独自の境地を開拓したとしても、そこに安住せず、さらに新たな世界を

目指すのも日本のマンガの特徴でしょう(そうしなければ漫画家として生き残れないと

いう競争の厳しさもあるわけですが)

「ハチミツとクローバー」で一世を風靡した羽海野チカは、「3月のライオン」で将棋に打

ちこむ青年を描き、新たな世界を探求しているように見えます

「のだめカンタービレ」を終えた二ノ宮知子も、音楽とは異なる世界を描くのでしょう

漫画家の意欲と、読者の貪欲さが次なる話題作、注目作を生み出すのだと思います

(関連記事)
日韓アニメ・マンガ市場の比較
http://05448081.at.webry.info/200906/article_49.html
中国のアニメはなぜ日本を超えられないのか
http://05448081.at.webry.info/200906/article_48.html
文化観の違い パリ・ジャパンエキスポを巡って
http://05448081.at.webry.info/200907/article_31.html
日韓アニメーション産業の比較
http://05448081.at.webry.info/200908/article_39.html
韓国人がNYで見た「日本が世界に通用する理由」
http://05448081.at.webry.info/200908/article_19.html
なぜ漫画は世界規模の文化製品になったか 仏誌の記事
http://05448081.at.webry.info/200909/article_3.html
「日本漫画の時代は終わった」と報じたメディア
http://05448081.at.webry.info/200912/article_13.html

へうげもの(1) (モーニング KC)
講談社
山田 芳裕

ユーザレビュー:
闘う/悩めるアンティ ...
特有の濃さが上手く生 ...
物に執着している人に ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る