外国映画に登場する日本人「カトー」の謎

インターネットを検索していて、面白いページを見つけたので取り上げます
SFドラマ「スター・トレック」にはエンタープライズ号を操縦するカトーというパイロットが登場します。日本人という設定だからありふれた苗字としてカトーにしたのだろう、とい程度の認識だったのですが、こうした事情をちゃんと調べてまとめているウェッブサイトがありました

「KATOの謎」

「ミスター・カトー」が日本語版向けの設定だったというのは初めて知りました
他にもブルース・リーが演じた「グリーン・ホーネット」のカトーや、「ピンク・パンサー」に登場する「ケイトー」に至るまで、よくぞここまで調べたものだと感服します
正体不明だけど武術の達人である日本人=カトーという図式が成立した背景が丁寧に説明されており、なかなかの労作です
しかし、こうして作り上げられたカトーのイメージですが、それを演じる日本人俳優は出ません
少し前に、「なぜ日本の俳優はハリウッドを目指さないのか」という話題がインターネットで注目されたことがありました。中国や韓国の俳優がハリウッド進出を目指すのに対し、日本の俳優がハリウッド映画に出演する機会があまりに少ないためです。そのせいで、映画の中の日本人を中国や韓国出身の俳優が演じるケースが目立ちます
さまざまな意見が出ていましたが、結局のところ出演しても見合うだけのモノが得られないから、という理由に尽きるのではないでしょうか?
日本人俳優がハリウッド映画に出演しても、悪役だったり、デフォルメされた「滑稽な日本人」の役だったりするわけで、わざわざ出演するまでもないという理由です
中には「ブラック・レイン」でサトウ役の松田優作や、「JM」のタカハシ役の北野武といった存在感のある役を演じたケースもありますが、あくまで例外です
ハリウッドが「眼鏡をかけ下手くそな英語を話す日本人」というイメージを手放すとは思えませんので、今後も日本人俳優が積極的にハリウッド映画出演を目指す可能性はないと思います


スター・トレック オリジナル・クルー劇場版BOX (7枚組) [DVD]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
2009-05-22

ユーザレビュー:
TOSファン必須アイ ...
やっぱオリジナルムー ...
CGじゃないからイイ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る