イギリスの作家アラン・シリトー逝去

若い方には馴染みのない名前だろうと思いますが、イギリスの作家アラン・シリトーが

亡くなりました
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/world/uk/?1272236566

一時期、アラン・シリトーの小説が人気を集め、次々と翻訳出版されていました

「土曜の夜と日曜の朝」や「長距離走者の孤独」から始まって、「ウィリアム・ポスターズ

の死」、「ノッティンガム物語」、「屑屋の娘」、「燃える樹」と読み、1990年の出た「渦を

のがれて」がシリトーの作品を読んだ最後です

その作風をどう表現すればよいのかと考えたとき、思い浮かんだのが村上春樹です

初期の作品は確かに労働者階級出身で社会に希望を見い出せない若者の怒りを描

いているのですが、途中から「労働階級の代弁者」と形容するにはふさわしくない成熟

した物語を描くようになったように思います(Wikipediaでは彼の描く主人公は労働階級

の代弁者として怒り続けている、とありますが疑問です)

その世界は村上春樹の描く世界に似ている気がします。単に自分がシリトーの小説を

読み、さらに村上春樹の小説を読むようになったという読書遍歴を有しているため、そ

う感じているだけなのかもしれませんが

日本ではすっかり過去の作家になってしまった感がありますが、シリトーの描いた世界

はまだ古びておらず、若い人たちにも中高年の人たちにもぜひ読んでもらいたいと考

え、取り上げました

長距離走者の孤独 (新潮文庫)
新潮社
アラン・シリトー

ユーザレビュー:
外れのない短編集どの ...
全体的には退屈かイギ ...
葛藤を抱える若い人に ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る