「少数民族がハングル採用で日本が悔しがっている」と書く韓国

インドネシアの少数民族で文字を持たないチアチア族は、チアチア語を表記するためハングルを採用すると決めたそうですが、その報道にかこつけて韓国メディアは「日本が悔しがっている」と書いています
記事が韓国語のため「2ちゃんねる」に書き込まれた日本語訳から抜粋しますと、チアチア族が固有の民族語を国語であるインドネシア語で表記できなく て心配している折に、ローマ字やアラビア文字で書くことはできない音をハングルで表記できるという事実を知り、ハングルを民族語の公式表記文字として受け入れた、との話です

ソース:聯合ニュース(韓国語)

こうした経緯を日本のメディアが詳細に取材・報道したことを韓国では、「日本が悔しがっている証拠」だと書き立てているのです
そもそも日本語がチアチア語の表記に適した言語だとは思えませんし、「日本語が採用されなかったのは残念」と言う日本人はいないでしょう。「韓国に負けて悔しい」と言う日本人もいないはずです
にも関わらず、「日本が負け、悔しがっているニダ」と書き立てる韓国メディアのコンプレックスの根深さには呆れます。何でもかんでも日本に勝った、と書かなければ気がすまないほど劣等感に苛まれている「証拠」だと指摘しておきましょう
韓国はしきりにハングル文字の優秀さをアピールしますが、すでに文字をもっている世界の国々に対しては無用のアピールです
ロシア人がそのキリル文字文化を捨ててハングルを採用するなどという事態は、絶対に起こりません
ヨーロッパ各国もアルファベットでの文字表記を捨て、ハングルを採用するなどという可能性は皆無です
韓国人はいったい誰に向かってハングルの優秀さを誇っているのでしょうか?
日本語は日本語独自の表記体系を有し、世界に類を見ない言語として発展してきました。そして豊かな日本語文化を形成しています。ハングルなど足元にも及びません
日本人がいまさら日本語の表記体系を捨て、ハングルを採用するはずがありません
ですから、「インドネシアの文字を持たない少数民族がハングルを採用した。ハングルの優秀さが証明され、日本人が悔しがっているニダ」と言われても苦笑するしかないのです

(関連記事)
韓国の衝撃 童話「金の斧」は韓国の民話でなかった
「江戸時代の日本はアジアで孤立」と主張する韓国教授
単なる噂を教科書に載せる韓国 歴史捏造
韓国 歴史アニメ100話制作へ
世界を救う日本人 映画「サマーウォーズ」評
「鋼の錬金術師」から見える日韓歴史観の違い
文化財を返還せよと叫ぶ韓国の珍妙な主張
日本美術と韓国美術


日本語はどこからきたのか―ことばと文明のつながりを考える (中公文庫)
中央公論新社
大野 晋

ユーザレビュー:
「日本語はタミル語と ...
タミル語タミル語と日 ...
知的興奮度100%の ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る