参議院選挙はタレントの在庫処分セールか?

民主党が今年の夏の参議院選挙に柔道の谷亮子、歌手の庄野真代を出馬させると報じられています



この他にも女優の岡崎友紀(若い方は知らないと思いますが、かつてはテレビドラマ「おくさまは18歳」で主演し人気のアイドルでした。このドラマは視聴率33%というお化け番組)や、落語家の桂きん枝を出馬させるとあます
人気凋落の明らかな民主党に担がれて出馬するという政治センスの欠けたタレントの方には同情しますが、国民にとっては迷惑な話です
本人の意欲はともかく、国民に必要なのはプロの政治家であって、法律の条文も解釈できないアマチュア政治家ではありません
他の政党もタレント、有名人、元スポーツ選手の担ぎ出しに必死であり、その発想は民主党と大差ありません
しかし、歌手やタレント、女優、スポーツ選手として賞味期限が切れた人ばかりを候補者として並べられ、誰かを選べというのは酷な話です
民主党は小沢一郎がタレント担ぎ出しに執心しているのでしょう。政治家としての資質や技量など関係なく、知名度だけを当てにしえているとしか思えません
かつて小沢一郎は「御輿は軽くてパーがいい」と発言しており、見識のある人間など邪魔であり中身のないタレントこそが理想の候補だと考えているように感じます
立候補する側はどうなのでしょうか?
すでにタレント、スポーツ選手で国会議員を務めた人間が大勢いますから、「あいつに国会議員が務まるなら自分にだって」と思うのも当然です
これが日本の議会政治の実態だとは認めたくない姿ですが、現実です
当然、そのツケは国民の暮らしに跳ね返ってきます。昨年夏の選挙で民主党に票を投じた方々は、自分の選択の結果がどうなったのかを直視してもらいたいものです
小沢一郎主導の民主党を勝たせれば、日本はもっとひどい状態になるのは明らかです

(関連記事)
議院選挙(2019) タレント候補者惨敗
元モー娘・市井紗耶香 参院選に立憲民主から出馬
大阪ダブル選挙 橋下圧勝を考える
参議院選挙 タレント候補落選相次ぐ
お笑いタレント、プロレスラーを国会議員に選んではいけない
参議院出馬の谷亮子 父親に逮捕歴あり
「さくらパパ」横峰議員の恐喝疑惑報道
統一地方選挙 民主党敗北
夕張市長選挙で敗れた羽柴秀吉 「市民はバカ」と放言
嶋大輔 政治家断念し芸能界復帰
参議院候補SPEED今井絵理子の恋人は逮捕歴有り


おくさまは18歳 コンプリートDVD-BOX(上巻)
角川映画
2005-01-28

ユーザレビュー:
脚本家故佐々木守の代 ...
懐かしくて、嬉しいが ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る