中国で相次ぐ児童襲撃殺人




AFP通信の記事にあるように、3月末から中国国内で幼稚園や小学校を襲撃して児童・

園児を殺傷するという無差別殺人が相次いで発生しています

事件を「中国国内で拡大している格差」のせいにするのは簡単ですが、それだけで説明

がつくものではありません

日本でも通り魔事件が発生し大々的に報道されると、それに刺激され模倣する人間が登

場します。社会に対して何らかの恨みを抱く人間はこうした事件に刺激を受け、「自分も

やってやろう」と思い込んでしまうからです

挫折感や敗北感、やり場のない憤りなどなどに苛まれ、追い詰められた人間は自制が効

かなくなり、鬱屈した感情を爆発させて無差別殺人に走り、1人でも多く手にかけてやろう

とします

科学的社会主義を掲げ、平等な社会の建設を目指す中国ですが、そのスローガンとはま

るで異なる格差社会に陥っています

かつて民主党の小沢一郎は、「日本は世界でもっとも格差のひどい社会だ」と発言してい

ますが、中国ほどではありません

中国で年間に発生する殺人事件は2万件です。1日に50件以上の殺人事件が発生して

いる計算になります。他にも強盗事件など毎日数百件発生しているため、これを逐一報

道していたなら、新聞は電話帳ほどの厚さになるでしょうし、ニュースは24時間凶悪犯罪

についてしゃべり続けても全部を取り上げるのは無理です

麻薬の密輸に関係した日本人が中国国内で相次いで死刑になり、中国政府は「日本はも

っと国民を教育すべきだ」と発言していました。が、犯罪防止のために国民を教育する必

要があるのは中国の方だと言いたくなります(日本も慢心は禁物ですが)

オリンピックに万博開催と中国政府は浮かれているようですが、国内では政府への不満

に端を発する暴動事件が年間で1000件近く発生しています

中国国内の刑務所の受刑者は154万人とされますが、これは政治犯など強制収容所に

拘禁されている人間を除外した数字でしょう

日本のメディアは中国の高い経済成長率にばかり注目していますが、経済成長が進むほ

ど、そこからこぼれ落ちる人も増えます

貧苦で追い詰められた人間がやけっぱちになって無差別殺人を起こす事例は、これから

も増え続けると思われます

しかし、経済格差だけが無差別殺人を生み出すわけではありません。人が多ければ、そ

れだけ個々の人間に対する配慮や手当てが乏しくなりがちです。本来、治療や療育が必

要とされる人が野放し状態になっていたり、そうした社会的弱者を踏みにじって省みない

風潮が蔓延するのは、無差別殺人を引き起こす可能性のある爆弾を製造しているような

ものです

と書けば、中国政府は精神障害や発達障害の可能性のある人間を予防拘禁し、施設に

閉じ込めてしまうといった乱暴な対策に走るのかもしれませんが

(関連記事)
公金持ち逃げ天国 中国
http://05448081.at.webry.info/200907/article_57.html
麻薬汚染大国 中国
http://05448081.at.webry.info/200910/article_44.html
中国では大企業経営者の経歴詐称も当たり前
http://05448081.at.webry.info/201007/article_16.html
中国人観光客44人が失踪
http://05448081.at.webry.info/201010/article_50.html
石灯籠で襲ってきた中国人を撃った警官に無罪判決
http://05448081.at.webry.info/201102/article_23.html
中国人容疑者を射殺した警官に正当防衛判決
http://05448081.at.webry.info/201112/article_44.html