日本文化は金にならないと批判する中国メディア

またまたレコードチャイナの変な記事に対する突っ込み、反論です
レコードチャイナが「日本の文化は知名度の割りに利益を生み出していない」とする記事を掲載しています


映画「千と千尋の神隠し」がアメリカで挙げた利益は9億円にすぎないとか、マンガ「ナルト」のフランスでの販売部数は22万冊にすぎないというのがその根拠です
もちろん売上は重要な指標の1つですが、それだけで文化の価値を推し量ることはできません。拝金主義の中国では儲けがすべてなのかもしれませんが
しかし、上記の記事には事実誤認があると思われますので指摘しましょう
「ナルト」のフランスでの売上を22万部と書いていますが、これは間違いです
「ナルト」の第34巻の売上が22万部なのです


同ブログに掲げられている2008年1月~2月期のフランスでのコミック販売ランキングは以下の通りです
1.「NARUTO」第34巻(22万部)
2.「ONE PIECE」第41巻(8万部)
3.「Bleach」第25巻(5万部)
4.「NARUTO」第33巻
5.「ベルセルク」第23巻(5万部)
6.「D.Gray-Man」第8巻(3万部)
7.「DEATH NOTE」第7巻
8.「NARUTO」第32巻
9.「GetBackers -奪還屋-」第25巻(2万5千部)
10.「NARUTO」第1巻
11.「Übel Blatt(ユーベルブラット)」第4巻(2万6千部・累計)
12.「花ざかりの君たちへ」第18巻(1万7千部)
13.「NARUTO」第2巻
14.「NARUTO」第31巻
15.「ROSE HIP ROSE」第1巻(3万部)

「ナルト」のシリーズだけで累計は700万部を超えています。22万部しか売れていないとレコードチャイナは書いていますが、その根拠を知りたいものです。おそらく上記のランキングにある22万部という数字を総発行部数と勘違いしたのかと思いますが
ちなみに「ドラゴンボール」だけで、フランスでは1400万部以上売れており、そうした事実は把握していたなら、こんな勘違いの記事は書けないはずです。情報の精査が不足していますよ、レコードチャイナさん
ちなみに2010年3月~4月期のランキングは以下のとおりです

1「NARUTO」第47巻(25万冊)
2.「FAIRY TAIL」第11巻(8万冊)
3.「NARUTO」第46巻(25万冊)
4.「鋼の錬金術師」第23巻(7万5000冊)
5.「ソウルイーター」第8巻(5万5000冊)
6.「ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE」第25巻(3万冊)
7.「PLUTO」第3巻(3万9000冊)
8.「Dreamland」(Reno Lemaire)第8巻(1万5000冊) ―― 作品公式サイト
9.「名探偵コナン」第61巻(2万2000冊)
10.「魔法先生ネギま!」第24巻(3万冊)
11.「NARUTO」第45巻(25万冊)
12.「ブレイザードライブ」第1巻(2万2000冊)
13.「黒執事」第2巻(3万冊)
14.「ブレイザードライブ」第2巻(2万2000冊)
15.「Bleach」第35巻(6万冊)

この数字を見れば、日本のコミックがいかに売れているか分かるはずです
レコートチャイナはいまからでも記事を訂正し、謝罪すべきでは?

(関連記事)
「オタク文化」の幻想と危機的状況と書く日刊サイゾー
中国のアニメはなぜ日本を超えられないのか
文化観の違い パリ・ジャパンエキスポを巡って
マンガ強国をあきらめきれない韓国
フランス人の楽しい特撮「銃士戦隊フランス・ファイブ」
「日本アニメのキャラは未熟だからカワイイ」と主張する中国メディア
中国「ウルトラマンティガ」を放送禁止 暴力的だから?


NARUTO―ナルト― 51 (ジャンプコミックス)
集英社
2010-04-30
岸本 斉史

ユーザレビュー:
昔の方が良かったいき ...
ダンゾウむかし『未来 ...
良くなってきたサスケ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る