「切り裂きジャック」殺人 似ているようでまったく違う犯行

衝撃的な事件ですから、イギリスのメディアは大きく取り上げています


被告であるグリフィスの顔写真を大きく載せているほか、殺害されたとみられる3人の女性の顔写真も掲載しています
遺体の捜索に警察が全力を挙げているとの話ですが、近隣では行方不明になっている若い女性が他にもいるようなので、犠牲者の数が増える可能性があります
「切り裂きジャック事件を研究していた大学院生が3人の売春婦を殺害した」として注目されているわけですが、その犯行は「切り裂きジャック事件」とは大きく異なっています
グリフィスはボーガンで被害者である女性の頭を撃つところを監視カメラの映像に写され、犯行が露見したのであり、「切り裂きジャック事件」のように刃物でのどを切り裂く犯行とは異なります
「切り裂きジャック事件」では被害者の遺体(内臓や子宮が抜き取られた状態)が放置された状態で発見されており、グリフィスのように遺体を隠す犯行とは異なります
もっとも「切り裂きジャック事件」では同時期にいくつもの類似した殺人事件があり、どれが真正の犯人による犯行なのか、模倣犯による犯行なのか判然としていません
「切り裂きジャック」現象とも言える社会不安があり、その不安に乗じて怨恨絡みの殺人を犯した者もいたのでしょうし、その残虐な犯行を真似た不届き者もいたと思われます
グリフィス被告が何を思い、何を意図し、あるいは意図せざる衝動に駆られて犯行に至ったのかはこれから明らかにされるのでしょう
遺体を隠蔽して事件の発覚を遅らせた狙いは不明ですが、自分の犯行だと露見するのを遅らせ、その間により多くの女性を殺害しようと「大量殺人」を企図していた可能性も考えられます
つまり「切り裂きジャック」とは別の、歴史に残るような大量殺人事件をやってのけ、残虐な殺人者として名を残そうと考えていたのかもしれません
それを狂気と呼ぶかどうかは分かりません
善悪の判断を失っていたから犯行に及んだのではなく、悪事を働こうと計画的に遂行したように思われてなりません(秋葉原の17人殺傷事件の加藤被告のように)
個人のスキャンダルを暴露するのが大好きなイギリスのメディアですから、グリフィス被告の成育史なども詳細に報道すると思われます。40歳で大学院生というのは不自然な生活ですから、その辺りの事情も暴かれるのでしょう
上記の新聞記事で、実父は「息子とは没交渉で、長年会っていない」と述べていますが

(関連記事)
切り裂きジャックの正体判明という報道
「切り裂きジャック」事件 125年目の真相
現代の切り裂きジャック事件に終身刑の判決 英国
英国切り裂きジャック殺人 グリフィス被告のその後
「切り裂きジャック」研究者が売春婦殺害で逮捕
「切り裂きジャック」殺人 売春婦を殺害する理由
ロサンゼルスの殺人鬼「グリムスリーパー」に死刑判決
自分を捨てた父親を探したら殺人鬼だった 「ゾディアック事件」
島根女子大生遺棄事件を考える30 犯人家族の苦悩
佐川一政 パリ人肉食事件を考える1
今市女児殺害事件 犯行を自供した男
今市女児殺害事件 「物色中に偶然見つけた」
今市女児殺害事件 逮捕まで8年半
実在した殺人鬼を描く映画「チャイルド44 森に消えた子供たち」
ロシア政府が米映画「チャイルド44」を批判、上映禁止
高槻少女殺害事件を考える1 快楽殺人
高槻少女殺害事件を考える2 遺体は寝屋川の中学生
高槻少女殺害事件を考える3 杜撰さと周到さ
高槻少女殺害事件を考える4 容疑者逮捕
高槻少女殺害事件を考える5 山田容疑者の行動
高槻少女殺害事件を考える6 星野くん犯人説?
高槻少女殺害事件を考える7 山田容疑者の素性
高槻少女殺害事件を考える8 性的サディズム
高槻少女殺害事件を考える9 監禁事件7件
川崎トンネル殺人事件 11年経て服役囚が犯行自白
川崎トンネル殺人事件 「切り裂きジャックに憧れた」
座間9人殺害事件を考える 快楽殺人説
座間9人殺害事件を考える 犯罪心理学者の見解
座間9人殺害事件を考える 被害者8人が女性
座間9人殺害事件を考える 白石容疑者逮捕


1977リッパー (ハヤカワ・ミステリ文庫)
早川書房
デイヴィッド ピース

ユーザレビュー:
殺人に次ぐ殺人… 現 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る